1. トップページ
  2. About Toyo University//東洋大学について
  3. 情報公開
  4. 〔社会学部社会福祉学科〕教員養成に対する理念及び認定課程設置の趣旨等
MENU CLOSE

〔社会学部社会福祉学科〕教員養成に対する理念及び認定課程設置の趣旨等

  • English
  • 日本語

社会学部第1・2部社会福祉学科

  • 中学校教諭一種免許状(社会)

教員養成に対する理念

少子高齢化の進展などで社会全体が大きく変化している中で、学校教育の場においても福祉にかかわる問題の存在を認識し、問題をかかえる人々の自立と社会参加をめざす制度について理解することが求められるようになってきています。社会福祉学科では、このような要請を踏まえて、福祉や生活に関わる問題を理解し、地域の教育環境や福祉環境の発展に貢献できる専門的知識を持つ教員の養成を目指しています。

 

教員養成課程の設置の趣旨及び免許状の種類と相当性

 福祉や生活に関わる問題を理解し、地域の教育環境や福祉環境の発展に貢献できる専門的知識を習得した教員を養成するためには、社会福祉の理論、歴史、制度、政策について総合的に学ぶことが求められます。社会福祉学科の学位プログラムでは、そのために、社会福祉発達史、社会福祉法制・行政、社会保障論、子ども支援論などの専門科目を含むプログラムを編成しています。教職課程プログラムとともに本学科の学位プログラムを通じて得られた学習成果を生かし、中学校社会科教員としての資質能力を身につけ、加えて、地域の教育環境や福祉環境の発展にも貢献できる教員を社会に輩出することに、本学科で教職課程を置く意義があります。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)