1. トップページ
  2. About Toyo University//東洋大学について
  3. 情報公開
  4. 〔文学部英語コミュニケーション学科〕教員養成に対する理念及び認定課程設置の趣旨等
MENU CLOSE

〔文学部英語コミュニケーション学科〕教員養成に対する理念及び認定課程設置の趣旨等

  • English
  • 日本語

文学部英語コミュニケーション学科

  • 中学校教諭一種免許状(英語)
  • 高等学校教諭一種免許状(英語)

英語コミュニケーション学科の教育目標は、英語の総合的能力と異文化を受容する広い視野と柔軟な判断力を備え、国際社会で自由に英語でコミュニケーションできる能力を持った人材の育成です。そのために教育課程では、21世紀のグローバル時代を生きるために必要な「問題解決能力」、「調査・発表・表現能力」、「応用力・適応力」、及び「自己開発力」の4つの力を育成し、国際社会で英語を用いて活躍できる人材育成を目標としています。
教員養成の理念にも、本学科の教育目標が積極的に活かされるように考えています。本学科が養成しようとするのは、実践的な英語力を身に付けた上で、多様化するグローバル時代に対応できる専門的知識を身に付けた教員です。また、21世紀の世界を見渡し、グローバルな諸問題を自らの問題として捉え、積極的に社会と関わり行動していく教員の育成です。さらに、異文化を受容する広い視野と柔軟な判断力の養成も教育目標としています。このことは他者への思いやりを発揮する寛容力であり、教員としての豊かな人間性の育成に必要な資質として欠かせないものです。
本学科の教育目標の達成により、中・高の英語教育における指導目標「外国語を通じて、言語や文化に対する理解を深め、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成」や「情報や考えなどを的確に理解したり適切に伝えたりするコミュニケーション能力」の養成が可能になると考えています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)