1. トップページ
  2. About Toyo University//東洋大学について
  3. 情報公開
  4. 〔文学部史学科〕教員養成に対する理念及び認定課程設置の趣旨等
MENU CLOSE

〔文学部史学科〕教員養成に対する理念及び認定課程設置の趣旨等

  • English
  • 日本語

文学部史学科

  • 中学校教諭一種免許状(社会)
  • 高等学校教諭一種免許状(地理歴史)
  • 高等学校教諭一種免許状(公民)

史学科は科学的・実証的な歴史研究の研鑽を通じて、過去の人類の歴史から現在を理解し、未来に生きる知恵を汲み取ることができる人材の養成を目標としています。また、あわせて政治・経済・社会や思想・文化・芸術なども学び、人間社会のあるべき姿に向けて自律的・主体的に活動する人材の育成を目指しています。本学科では、歴史の学修を基礎にして、国際的な視野に立ちながら、歴史、地理の理解や公民の知識を通じて人間社会を多面的に洞察できるような教員を養成します。
史学科が用意する教育課程は、日本・東洋・西洋の様々な時代の歴史の学修を中心にしながら、関連して哲学や社会科学など多様な領域を学ぶものであり、「中学校教諭一種免許状(社会)」、「高等学校教諭一種免許状(地理歴史)」、「高等学校教諭一種免許状(公民)」を取得する課程と整合しています。また、これらの免許状の取得を希望する学生も多く、課程を設置する意義や必要性があります。史学科のカリキュラムは、多様な史料や原典を正確に読み解き、それをもとに論理的かつ創造的な思考を構築していく能力を養成するよう構成されており、「日本史」「外国史」のほか、関連して「地理学」「人文地理学」「自然地理学」「地誌」および「法律学・政治学」「社会学・経済学」「哲学・倫理学・宗教学・心理学」などの分野においても、学習指導要領に即した「教科に関する科目」を卒業単位として認定しています。したがって、本学科のカリキュラムと、「中学校教諭一種免許状(社会)」、「高等学校教諭一種免許状(地理歴史)」、「高等学校教諭一種免許状(公民)」の取得に必要な科目群及び学習指導要領との間には、相互に深い関係性(相当性)があります。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)