1. トップページ
  2. About Toyo University//東洋大学について
  3. 情報公開
  4. 〔文学部英米文学科〕教員養成に対する理念及び認定課程設置の趣旨等
MENU CLOSE

〔文学部英米文学科〕教員養成に対する理念及び認定課程設置の趣旨等

  • English
  • 日本語

文学部英米文学科

  • 中学校教諭一種免許状(英語)
  • 高等学校教諭一種免許状(英語)

本学科では英文学、米文学、英語学の三分野を中心に英語の基礎力を身につけ、その英語力を使って、人間の行動・感性・思考を多面的に分析できる人材を育成することを狙いとしています。1・2年次にしっかりとした英語力の土台を築かせ、3・4年次にはそれまでに学んだ英語を通して文学作品の研究や英語という言語の分析に取り組ませ、4年間で英文法・英語学・英米文学といった多面的な知識を修得できるように学科のカリキュラムを編成しています。これらの知識は、英語科教員として必ず身につけるべき知識です。
さらに、学位授与までの4年間を通じて、受動的ではなく能動的に英語学習に取り組む姿勢を身につけさせ、外国語学習には集中力と継続性が不可欠であることを認識させます。この、外国語学習に対する“積極的姿勢”および“強い意志”は、立場が教師に変わったとしてもやはり必須と言えます。本学科が提供する学位プログラム(教科に関する科目を含む)を履修・修得させることで、英語を教えるにあたって必要な高い英語運用力と言語・文化に関する専門的知識を備えた、児童・生徒の「生きる力」を育成できる信頼のおける教員を輩出できると考えています。
また、現行の学習指導要領(外国語)では、「外国語を通じて、言語や文化に対する理解を深め、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成を図り、情報や考えなどを的確に伝えたりするコミュニケーション能力を養う」(高校編)ことが目標として掲げられていますが、本学科が提示するポリシーの中にこれに通ずるものがあります。例えば、『英語で表現された文物に親しむことで、「人間」「自己」「言葉」とは何かを追求する人材を育成する』、『人の世のあるべき姿を探りつつ批判精神を備えた人間に成長させる』、『ことばや言語に対する理解を深めさせ、自分の意見や思考を正確に表現できる能力を伸ばす』がそうです。これらのポリシーに基づく指導を受け4年間の課程を無事に修めた者は、その間に得た経験と知識を活かして教育実践を行うことができるはずです。
本学科が提供する専門科目は、学位プログラムと教職課程のどちらの体系性にも通じる科目です。専門の学芸(英語学・英米文学)に精通し、幅広い教養(言語をとりまく文化的側面)と総合的な判断力を備えた豊かな人間性を持つ人材を輩出することができると確信しています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)