1. トップページ
  2. About Toyo University//東洋大学について
  3. 情報公開
  4. 〔文学部東洋思想文化学科 中国語・中国哲学文学コース〕教員養成に対する理念及び認定課程設置の趣旨等
MENU CLOSE

〔文学部東洋思想文化学科 中国語・中国哲学文学コース〕教員養成に対する理念及び認定課程設置の趣旨等

  • English
  • 日本語

文学部第1・2部東洋思想文化学科
中国語・中国哲学文学コース

  • 中学校教諭一種免許状(国語)
  • 高等学校教諭一種免許状(国語)
  • 高等学校教諭一種免許状(書道)

日本は、古来からの大陸文化、すなわち中国を中心としたアジアの文化の影響を色濃く残しています。つまり、漢字文化圏の中で日本独特の「文化」を築き上げながら、同時に諸外国の特質を上手に組み込み、日本の「文化」として継承してきているのです。
しかし、昨今の国語科教育では、残念なことに、この大陸文化との関わりや、現在の我々の生活の中に厳然として存在(残存)している中国及びアジア諸地域の文学・文化・思想の類に対して、十分な指導を行うことのできる教師が不足していると言わざるを得ません。そこで、本学科では、「漢字教育」「漢文訓読教育」を重視し、「漢文文献」を縦横に活用することにより、東アジアの広範な地域にまたがる文学・文化・思想等々について、広く深い知識力・理解力・洞察力を兼ね備えた人材を育成することを目的としたカリキュラムを作成し、教員養成に努めることといたしました。
また、日本文化の一翼を担う書道を、「中国の文字や言語に対する芸術的価値観」を継承したものとして位置付け、単に書道実技能力の修得だけに重点を置くのではなく、その手本として存在する中国の古典籍・碑文・刻文等に関する知識を身につけるためのカリキュラムも整え、教員養成に努めることといたしました。本学科の特徴あるカリキュラムにより、国際感覚豊かにして、東洋及び日本の文化やその伝統についての広い知識と深い理解を有する卒業生が、教員として、時代を担う若者の育成に当たることは、日本の将来にとって大変有意義なことであると考えています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)