1. トップページ
  2. About Toyo University//東洋大学について
  3. 情報公開
  4. 〔文学部哲学科〕教員養成に対する理念及び認定課程設置の趣旨等
MENU CLOSE

〔文学部哲学科〕教員養成に対する理念及び認定課程設置の趣旨等

  • English
  • 日本語

文学部哲学科

  • 中学校教諭一種免許状(社会)
  • 高等学校教諭一種免許状(地理歴史)
  • 高等学校教諭一種免許状(公民)

哲学科は社会的教養の涵養を学科における教育の基本理念に置いており、卒業生が中学校・高等学校の教員として活躍する基本的な資質の育成に力を入れています。また基本的な思考力に加え、多言語教育の成果に基づきながら、文化・文学・芸術・宗教などから広い視野で物事を考え、現代日本を取り巻く多様な諸問題を社会的な基礎教養と合理的な思考力で読み解き、教授することができるような教員を理想的な教員像としています。
哲学科の教育は、中学校の社会科の教員として活動するにふさわしい、一般的な教養力と広い見識の育成のみならず、とりわけ混迷する社会問題に対して、価値や尊厳の受容・他者への配慮という、現代社会で必要とされる事柄について十二分に配慮しています。思想に関する教育の他にも、広く歴史、地理を学ぶと同時に、政治学や社会学といった今を生き抜く社会人としての基礎教養を習得し、完成されたジェネラリストとして教員の任に耐え、活躍できるようカリキュラムを配置しています。
哲学科の教育では、高等学校の教員としてふさわしい専門性にも配慮し、公民の教員として不可欠な社会制度の成り立ちを思想史的に学ぶことができます。加えて、政治学と社会学を学ぶことで、社会システムを総合的に理解し、教授できるような体制を整えています。
哲学科の多言語教育、並びに種々の思想・文化についての教育は、地理歴史の教員としての基礎修養を磨くことに資し、その他の教科科目に置かれた日本史および人文地理学などの学習を通じて、教員としてふさわしい学力を育成できるように配慮しています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)