Faculty of Science and Engineering Department of Applied Chemistry//理工学部応用化学科

  • English
  • 日本語

教育目標

ナノテクノロジー・先端材料、バイオテクノロジー、食品、エネルギー、環境など変革する社会の幅広いニーズに対応できる、広範な化学の基礎能力を身につけ、「化学」の力で社会貢献ができる、創造的かつ実践的な研究者・技術者を育成します。

概要

近年は、ものの生産を重視する社会から、知識・経験などの知的財産を重視する社会へと変化しています。また化学技術の進歩は目覚しく、先端技術もすぐに古くなってしまう時代です。この変化とスピードに対応するため、応用化学科では、さらに理学的な学習に重点を置き、基礎学力の習得を強化。純粋化学と応用化学の融合により、化学の基礎を深く学ぶことで、柔軟な応用力を養います。対象は、21世紀を支える応用化学全般、具体的にはナノテクノロジー・先端材料、バイオテクノロジー、食品、エネルギー、環境など、現代の社会が求める幅広い分野を学びます。また、専門科目については、有機無機の先端材料、医薬や化粧品などを学ぶ「先端材料化学コース」、生命や生物、食品や栄養に関する化学技術を学ぶ「バイオ・健康化学コース」、資源、環境、リサイクルをキーワードとする「環境化学コース」の3コースを設置し、学生の興味や進路に応じて学べるように分かりやすく分類しています。

特色

1、2年次では、「有機化学」「物理化学」「無機化学」「分析化学」を必須とし、実験とリンクした少人数教育と補習を繰り返し行い、理解できるまで徹底的に学習。基礎学力の向上をはかります。一方、2、3年次からは応用化学の幅広い専門知識を身につけるために3コースに分かれます。3年次には、学科の各研究室に学生自身が出向いて、卒業研究や先端的研究がどのようなものかを体験します。これは体験で化学を学べる実践的な教育、いわば“研究のインターンシップ”。各学年各学期に実験科目を置き、実践力を段階的に習得できるようにしています。

また、これからの研究者には自分のアイデアや実行できる「文章表現力」と「プレゼンテーション力」が必要です。「レポート作成指導」などを通して、自己表現力を丁寧に育成します。

なお、応用化学科は「学科横断型教育プログラム(副専攻)」として「バイオ・ナノサイエンス融合コース」を選択することができます。