1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 文学部英語コミュニケーション学科

Faculty of Letters Department of English Communication//文学部英語コミュニケーション学科

  • English
  • 日本語

 ※文学部英語コミュニケーション学科は、2016年度入試をもって募集を停止し、「文学部国際文化コミュニケーション学科」への発展的改組を予定しています。

教育目標

語学力のみならず、異文化を理解する視野および柔軟な判断力を養い、英語を軸にした総合的なコミュニケーション能力を育むことを目標としています。

概要

社会のグローバル化、情報化が進んでいる今日、異文化を受け入れる広い視野と柔軟な判断力、そして国際社会で自由にコミュニケーションできる能力が求められています。こうした状況を背景に誕生したのが、世界共通言語の地位を確立した「英語」でのコミュニケーション能力を育成する、英語コミュニケーション学科です。

実際に英語を「聞く」「話す」ためには、TPOに応じた英語の使い分けを身につけることが必要です。そのため、アメリカ・イギリス・カナダなど、国際色豊かなネイティブスピーカーを講師に迎え、正確で円滑にコミュニケーションができる英語を学びます。

特色

さまざまな英語圏出身の講師が多いことや留学しやすいように半期科目が多いことなどがカリキュラムの大きな特徴です。この学科では英語コミュニケーション能力(表現・調査・発表・問題解決)を育成するために、オーラル英語科目群、コミュニケーション科目群、英語スキル科目群、英語学系科目群、そして国際文化科目群の5つの科目群を用意しています。また、国際的に活躍できる人材を育成するために、学生の自主的・自覚的学習(インターンシップ)として、海外留学、語学研修(協定校・認定校)、実用英語検定試験・TOEFL・TOEICのスコアー、各種ボランティア活動などを卒業単位として認定しています。