1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 社会貢献センター
  4. 社会貢献活動「文学部伝統文化講座」
MENU CLOSE

社会貢献活動「文学部伝統文化講座」

  • English
  • 日本語

文学部伝統文化講座

文学部では、年度の後半を中心に、「聲明」「能楽鑑賞教室」「源氏物語の音楽」「歌舞伎舞踊」「新内節」の5公演を実施しています。国際化時代、日本の伝統芸能に直接触れる機会を持つことは、学生にとって極めて大事なことであり、文学部では授業の一環として解説とともに実演を行っています。なお、一連の公演は、社会貢献の観点から、本学学生以外、一般の方にも広く提供しています。

開催報告

平成28年度 「文学部伝統文化講座」概要 [PDFファイル/83KB]
平成27(2015)年12月「王朝文学に描かれた管弦と舞-貴族の家の音楽教育」
平成27(2015)年11月「王朝文学と歌舞伎舞踊~“須磨”を舞台とした物語の真相を探る~」
平成26年11月 「日本文学文化史の“安珍、清姫伝説”-「絵解き」から「歌舞伎舞踊」まで-」
平成26年 1月 「新内節演奏会~邦楽の夕べ…新春のひととき」
平成25年12月 「説話の中の音楽家たちー『遊び』から『芸能』へー」
平成25年11月 「越後獅子の文化誌-郷土芸能から歌舞伎舞踊まで-」
平成25年10月 「能楽鑑賞教室」
・平成25年 6月 「大曼茶羅供~自心の源底を観る~」

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)