1. トップページ
  2. 社会貢献センター
  3. もし、大学にいて大地震が発生したら?~首都直下型地震に備える!東洋大学宿泊サバイバル体験~
MENU CLOSE

もし、大学にいて大地震が発生したら?~首都直下型地震に備える!東洋大学宿泊サバイバル体験~

  • English
  • 日本語

もし、大学にいて大地震が発生したら?
~首都直下型地震に備える!東洋大学宿泊サバイバル体験~募集のお知らせです!!

 

注意事項 ※お申込前に必ずお読みください

(1) 服装・持ち物は、普段大学に来る時と同じで構いません。着替え、タオル、衛生用品、常備薬等は各自必要に応じて持参していただきます。

(2) 情報検索に、携帯電話・スマートフォンの利用は認めますが、充電については制限します。

(3) 参加者の体調管理やプライバシーに配慮し、トイレ、上水道、空調については使用します。但し手洗いや洗面などに使用する生活用水は、断水を想定し使用制限を設けます。(ペットボトル飲料水を用意します)

(4)未成年の方は11月中に保護者の同意書を提出していただきます。

【企画趣旨】

 今後30年以内に70%以上の確率で首都圏で発生すると懸念されている、マグニチュード7クラスのいわゆる「首都直下型地震」。そんな時に大学は、学生はどのようなことを想定して動くべきなのでしょうか?

 今回のプログラムは、災害時の応急対応として基礎的な知識と技能を修得する「普通救命講習」や、実際に大規模地震が発生したことを想定してキャンパス内に留まり、実際の場面でどのように行動するか、その時に向けてどのような備えをすべきか、ということについて学びます。また、2020年東京オリンピック・パラリンピックの、主に都市ボランティアとして関わる人に向けた、防災ボランティア活動経験との1つとしても想定しています。

※普通救命講習受講者には救命技能認定証が交付されます。

【ゲスト】

宮崎 賢哉さん(災害救援ボランティア推進委員会)

【実施日時】

2018年12月1日(土) 13時00分~ 12月2日(日) 12時20分まで。

【場所】

東洋大学 白山キャンパス 
(都営三田線白山駅、東京メトロ南北線本駒込駅下車徒歩7分)

【スケジュール】

 

【参加対象者】

・東洋大学学生

・教職員(学生のサポート役として教職員の参加を募集)

お申込フォーム・お問い合わせ

※申込み者多数の場合、抽選になります。参加の可否については、11月19日(月)に申込時に登録したメールアドレスにお送りします。

1

お問い合わせ先
東洋大学社会貢献センター
TEL:03-3945-7927
メールアドレス:mlvolsup@toyo.jp