1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 社会貢献センター
  4. 平成30年7月豪雨被災者への学生応援メッセージ活動について
MENU CLOSE

平成30年7月豪雨被災者への学生応援メッセージ活動について

  • English
  • 日本語

平成30年7月豪雨被災者への学生応援メッセージ活動について

西日本を中心とした豪雨により、160人以上の命が奪われ、依然として50人を超える安否不明の方がいらっしゃるなど大変な被害が出ています。(7月11日現在)

この災害に対し、7月12日(木)より各キャンパスで学生たちの募金活動が実施されます。

また、家族や親族、友人がいる学生のみならず、多くの学生が何か自分ができることはないかと、考えています。
そこで、社会貢献センターでは、東日本大震災での復興支援活動を通じて得た経験を基に、熊本・大分大地震の際にも行った「学生応援メッセージ活動」を始めます。

こうした活動を進めた理由は以下のとおりです。

  1. 寄付をするお金のない学生でも参加できる。
  2. 不安を抱えて毎日を過ごす現地に直接つながる学生が、自分の気持ちを書くことによって、被災している人とつながることができる。また被災地に思いを寄せる学生たちの気持ちを知ることによって大学の中で支えられ感をもつことができる。
  3. 直接激励のメッセージを送らないで大学内で掲示、ホームページやツイッターで共感を集め、現地の人に見てもらう方法は、自分たちの気持ちを押し付けることなく、現地の人が読みたいときに読み、お礼も不要であり、被災地の負担感なく、活動を展開することができる。

皆さんから寄せられた応援メッセージは、大学公式WEBサイトで発信いたします。

メッセージ募集期間:2018年7月12日(木)~8月31日(金)