1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 社会貢献センター
  4. 社会貢献「スタディーツアー2018春」のご案内
MENU CLOSE

社会貢献「スタディーツアー2018春」のご案内

  • English
  • 日本語

 

社会貢献「スタディーツアー2018春」のご案内

事前学習

<企業コースのみ> 2018年6月26日(火) 12時20分~12時50分/17時30分~18時00分 ※参加できない方は要相談。

概要

<企業コース>

(1) NECネッツエスアイ株式会社 

実施日:6月28日(木)13時00分~15時00分 @飯田橋ファーストタワー 定員:20名

IT/情報通信関係のNECネッツエスアイ株式会社は、被災地支援、小学校への出前授業、オリパラ関連事業など、幅広く社会貢献活動を行っています。企業がなぜ、 社会貢献・CSRに力を入れているのか、担当者から話を伺います。また、IT技術を活用した「働きやすいオフィス」も見学します。

<国際理解コース>

(2) オリパラ前に、内なる国際化を実感しよう!~多文化のまち・大久保を歩く 

実施日:7月10日(火)15時30分~18時00分 @新宿区大久保・百人町 定員:10名※現地集合

オリパラの時期には、海外から多くのゲストが来日されますが、 新宿区大久保・百人町は、アジアを中心とした5000人を超える外国籍区民が生活しています。現地にて説明を受けた後、街を歩き、私たちの身近で進みつつある多言語多文化を体験し、内なる国際化を体感します。

<防災・減災コース>

(3) 「そなエリア東京」で学ぶ、防災・減災ボランティアアクション~

実施日:7月14日(土) 9時00分~12時00分 @そなエリア東京 定員:10名程度※現地集合         

今後30年以内に、首都直下型地震の発生する確率は、70%を超えると言われています。そもそも首都直下型地震とはどのような想定をされているものなのか、想定をどのように捉えればよいのか、どのような備えが必要なのか。このスタディツアーでは、東京臨海広域防災公園(そなエリア東京)の見学を通じ、首都直下型地震について、防災・減災のための活動について学び、防災・減災に向けて主体的に行動できるような人づくりを目指します。

事後学習

<全コース共通> 2018年7月17日(火) 14時45分~16時15分 ※参加できない方は要相談。

応募について

【応募条件】

<企業コース>

(1)事前学習、(2)ツアーへの参加 (3)事後学習 (1)~(3)すべてに参加すること。

<防災・減災/国際理解>

(1)ツアーへの参加、(2)事後学習 (1)~(2)すべてに参加すること。

【応募方法】

下記URLの入力フォームに必要事項をご入力ください。

https://www.toyo.ac.jp/ques/questionnaire.php?openid=959

【応募期間】                      【参加者決定通知】

<企業コース>                                         <企業コース>

2018年6月8日(金)~6月21日(木)18時00分     6月22日(金) 15時以降にメールにて

<防災・減災/国際理解>                          <防災・減災/国際理解>

2018年6月8日(金)~7月 2日(月)18時00分     7月 3日(火) 15時以降にメールにて (実施詳細もメールでお知らせします)

【注意事項】

※事後学習は訪問先に限らず合同実施 ※どうしても参加が困難な場合は、事前にご相談ください。
※参加費無料/それぞれ集合・解散場所が異なります。(交通費自己負担)
※複数参加可能です。ただし、申込多数の場合、訪問先ごとの「参加希望理由(300文字程度)」、初回参加者、希望順を優先して選考します。

申込フォーム

300 

お問い合わせ

ボランティア支援室(Volunteer Support Office)

〒113-0021 東京都文京区本駒込1-10-2 東洋大学白山キャンパス甫水会館1F

TEL:03-3945-7927