MENU CLOSE

東洋大学 研究シーズ集2015-2016

  • English
  • 日本語

東洋大学の研究成果や研究者が持つ知識を、企業・他大学・公的機関等の皆様にご活用いただくきっかけとなることを目的とし、東洋大学研究シーズ集を作成しております。
共同研究等のテーマ探しなどにご活用ください。
企業・他大学・公的機関等の皆様からのお問合せをお待ちしております。

冊子(A5サイズ)の送付を希望される方は、産官学連携推進センターまでご連絡ください。

表紙

東洋大学研究シーズ集2015-2016

【医療・福祉・食品・健康】
タイトル研究者
脊椎側弯症の早期発見につながる「Kinectによる側弯症計測システム」の開発 寺田 信幸1
外耳道から無侵襲に右心機能を診る寺田 信幸2
高齢者見守りシステムとしての転倒検出システムの開発寺田 信幸3
歩行老化予防ならびに下肢リハビリテーション用具の開発寺田 信幸4
運動タスク時試行間応答変動に基づく運動学習過程の可視化田中 尚樹5
医療の安全と質向上のためのトレーニング・評価技術山内 康司6
表面散乱を利用した金属原子内包フラーレンの生成・単離法の開発本橋 健次7
プラズマ併用解凍・保存法加藤 正平 8
老眼による見えと視力を改善できるLED照明佐野 勇司9
製薬評価用マイクロチップ灌流培養システムの開発金子(大谷) 律子10
筆跡の時間情報を用いたメンタルヘルス不調の予兆把握川口 英夫11
望みの機能を有する生分解高分子を誰でも簡単に作れます!長谷川 輝明12
安心・安全な殺菌剤開発のための新規薬剤標的の探索研究藤村 真13
イネの玄米サイズと収量を増加させる遺伝子(TGW6)の特定廣津 直樹14
植物バイオによる生理活性プレニル化ポリフェノールの効率的生産山本 浩文15
AhR作動物質による消化器系発がんの予防および免疫寛容の調節の研究椎崎 一宏16
植物ホルモンの生理・生化学的研究梅原 三貴久17
生体試料中微量物質の高感度検出萩尾 真人18
食品のニオイ・鮮度の可視化および食品の新規保蔵・加工技術の開発大熊 廣一19
伝統野菜の機能性に関する研究下村 講一郎20
食品の腐敗変敗菌の発育挙動、制御および測定法に関する研究佐藤 順21
植物糖鎖ライブラリーを用いて様々な農作物を評価する新手法の開発宮西 伸光22
ガレクチン3によるAGE代謝制御機構の解明と診断への応用宮西 伸光23
新規トコトリエノールエーテル誘導体の抗中皮腫作用矢野 友啓 24
大豆由来の機能性素材を用いた新たな中皮腫治療法構築の可能性矢野 友啓25
中皮腫の悪性化因子としてのYes矢野 友啓 26
ダイズのDNAマーカーを利用した品種判別・系統解析佐々木 和生27
市場環境変化に対応した地域食品製造業の戦略野島 直人 28
疲労骨折予防を目的とした食品の開発太田 昌子29
生活習慣および運動ストレスと尿中8-OHdG高橋 珠実30
運動時および様々な環境時の静脈血管応答とそれに影響を及ぼす要因の解明大上 安奈31
農産物・食品の抗酸化能林 清32
動脈硬化予防にかかわる食事因子の探究 近藤 和雄33
在宅高齢者における亜鉛添加による大豆味噌の骨量への影響澤田 孝子34
実践で利用可能な食事療法における科学的根拠の構築角田 伸代35
地域の子どもの健康・食に関する公衆栄養学的研究佐藤 加代子36
生活習慣病の一次予防を含む健康の持続法の開発西牟田 守37
分子生物学的手法を用いた食品衛生微生物生理の解析藤澤 誠38
酸化ストレスマーカーを用いた活性酸素による健康影響評価宮越 雄一39
電磁場と化学物質との複合曝露による変異原性宮越 雄一40
ハッショウマメ調理品の抗酸化性に関する研究飯島 久美子41
生活習慣病予防・改善のための食育支援とヒト介入試験による食品機能性成分の探究井上 広子42
高齢者の座位姿勢を改善するシートクッションのデザインと開発繁成 剛43
日本的な「和」を重視したスヌーズレン機器の開発嶺 也守寛44
変形性膝関節症のための装具の摩耗試験機に関する研究開発嶺 也守寛45
「2013年度児童虐待相談ケース分析等に関する調査」における被虐待児関連基礎データの検討 鈴木 崇之46
水晶振動子マイクロバランスを用いた種々の環境条件におけるゲル薄膜、電極近傍溶媒等の特性評価清田 佳美47
知的障がいのある人たちのコミュニケーションを促進するICTの活用志村 健一48
【ナノテクノロジー】
タイトル研究者
がんを狙い撃ちする薬剤の性能を、指先サイズの実験室で評価する佐々木 直樹49
カーボンナノチューブ構造制御技術の開発内田 貴司50
金属内包フラーレン生成用ECRイオン源の開発内田 貴司51
貴金属ナノ粒子を用いた高感度生体分子・低分子分析方法竹井 弘之52
第三のイオンで動くハイブリッド・ナノマシン伊藤 政博53
【ライフサイエンス】
タイトル研究者
耐環境性酵素の分離精製・機能解析宇佐美 論越後 輝敦54
環境中からの微生物の分離・検出と分類同定越後 輝敦宇佐美 論55
産業微生物の品種改良に関する研究鳴海 一成56
放射線抵抗性細菌のDNA修復機構の解明に関する研究鳴海 一成57
円石藻の石灰化機構の解明長坂 征治58
植物の生産する有用物質の生合成酵素遺伝子の探索清水 文一59
イヌリンを骨格とする生体適合型新規糖鎖高分子の開発長谷川 輝明60
脳内シナプスの可塑性を司る分子の研究児島 伸彦61
アカパンカビDNA修復機構および突然変異にかんする研究一石 昭彦62
有機溶媒耐性微生物および酵素道久 則之63
各個人のゲノムと薬効の関係について髙崎 茂64
超好熱性アーキア、極限環境微生物、耐熱性酵素東端 啓貴65
好塩菌、耐塩菌の分離と利用 ~ 応用極限微生物学研究室高品 知典66
高塩濃度条件下で難水溶性物質を分解する微生物の探索高品 知典67
新たな生物資源の発見・保存および応用三浦 健68
ゼブラフィッシュを用いた脊椎動物の脳血管の形成に関わる分子機構の解析藤田 深里69
生物/化学発光反応の基礎研究とその応用展開和田 直久70
生物/化学発光反応の基礎研究とその応用展開福森 文康71
データ・サイエンス,総合情報分析,複雑系解析上條 賢一72
身近な事柄から展開する科学教育教材の研究柄山 正樹73
生体用光計測技術開発ラジャゴパラン ウママヘスワリ74
【環境保全・浄化・省エネ】
タイトル研究者
大幅な省エネルギーを実現するハイブリッド可変磁力モータ・発電機堺 和人75
鉄を利用した高度廃水処理川瀬 義矩76
軽量化包括固定化微生物担体を開発角野 立夫77
高速硝化技術角野 立夫78
下水や産業排水処理向け低温硝化技術を開発角野 立夫79
下水からのりん回収技術開発角野 立夫80
高塩濃度含有廃水の硝化脱窒処理技術角野 立夫81
人為由来の環境汚染および環境改変が環境生態系に与える影響柏田 祥策82
微生物による浄化機構の解明とその水処理技術への応用清水 和哉83
生態毒性試験および野外データの統計解析岩崎 雄一84
実験室生態系のマイクロコズムを用いた生態系影響評価に関する研究柴田 賢一85
光害の視点からの環境教育、光環境評価、照明適正化越智 信彰86
【装置・デバイス・ものづくり・情報】
タイトル研究者
ユビキタスで日々の健康管理調査が可能な生化学検査デバイスの開発吉田 善一87
光波制御を応用したレーザー加工・プロセス尼子 淳88
機能性分子センサによる全空気力計測法の開発藤松 信義89
RNNとファジィルールを用いた予測制御山田 和明90
バッテリーや電源コードの不要となるワイヤレス電力伝送システムの基礎研究堺 和人91
低歪・低ノイズ・低消費電力を実現したスイッチングアンプ佐野 勇司92
市販のデジカメを使用した携帯型微粒子粒径計測装置椿 光太郎93
太陽電池を集積した電池交換不要な集積回路堀口 文男94
オープンソースCAEシステム開発塩谷 隆二95
協調サーチエンジン上原 稔96
仮想大規模ディスク上原 稔97
一次元可逆性セルオートマトンの暗号・符号への応用佐藤 忠一98
【マテリアル・リサイクル】
タイトル研究者
塩害対策用表面含浸材「T&C防食-塩害用-」福手 勤99
水中不分離性重量コンクリート福手 勤100
新規X 線センサ材料の開発 —希土類金属の超リン酸結晶の試作とX線センサ性能評価—勝亦 徹101
間伐材とアルミジョイントを使ったテクノエイドの開発繁成 剛102
【防災】
タイトル研究者
ステンレス鋼薄板を利用した靭性の高い耐震パネル材松下 吉男103
塑性変形能力と耐力を併せ持つゴム製構造スリット材及びこのスリット材を使用した耐震構造松下 吉男104
コンクリートの新しい湿潤養生手法福手 勤105
水しぶきによる土浸食に関する研究望月 修106
竜巻発生時における前兆現象とLFD変動パターンの特徴について上條 賢一107
【シニアライフ(高齢社会)】
タイトル研究者
筆跡情報を用いた高齢者の筋力・運動機能の簡便な評価法の開発川口 英夫108
歩行をアシストするパーソナルモビリティビークル(PMV)高橋 良至109
日本、中国、韓国における高齢化とバリアフリー環境整備に関する研究髙橋 儀平110
世界遺産、歴史的建造物のバリアフリー研究髙橋 儀平111
【その他】
タイトル研究者
悪質なクレームに対する内容評価及びクレーマーへの対応桐生 正幸112
人材育成および対人・社会サービス事業を対象とする評価の手法:「プログラム評価」の適用可能性米原 あき113
中国における高等教育の財政構造の変動に関する実証研究劉 文君114

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)