MENU CLOSE

産官学連携のご案内

  • English
  • 日本語

本学との産官学連携の枠組みについて

大学が企業等と連携して研究等を行う場合、以下のような内容の契約を結ぶことが一般的です。
最初から研究を始めるのではなく、まずは関心のある研究分野の研究者をご紹介の上、秘密保持契約(NDA)を結んで情報交換をすることから始めることも出来ますので、お気軽にお問合せください。

産官学連携メニュー

共同研究

企業・他大学・公的機関等の研究者と本学教職員等研究者が、共通の課題について共同で行う研究です。企業・他大学・公的機関等から研究者及び研究経費などを受け入れる形で行われます。

共同研究費のうち、原則としてその一部を、執行等管理に伴う経費として大学が徴収させていただきます。共同研究によって発生した知的財産権については、双方協議の上、契約書等にて取り決めます。

受託研究

企業等から委託を受けて、本学の教員が業務として実施する研究で、その成果を委託者へ報告いたします。研究に要する経費は委託者に負担していただくことになります。

受託研究費のうち、原則としてその一部を、執行等管理に伴う経費として大学が徴収させていただきます。受託研究によって発生した知的財産権については、原則として研究の主体である大学に帰属します。

技術移転・ライセンス

本学が職務発明として認定した知的財産を対象として、知的財産権の譲渡や、実施許諾(ライセンス)等を行っています。譲渡やライセンスの対価や利用条件等の詳細については、その都度契約書等にて取り決めます。

成果有体物の提供

研究で得られた成果有体物もまた、本学の重要な知的財産のひとつです。成果有体物を企業・他大学・公的機関等に提供する場合、その成果有体物に基づく研究から発生する知的財産等の取扱いについて、契約書等にて詳細を取り決めます。

奨学寄附

奨学寄附とは、大学において、学術研究に要する経費、教育研究の奨励を目的とする経費等に充てるべきものとして、学外機関等(企業・個人の皆様)からの寄附を受け入れる制度です。特定の研究者を寄附の対象者として指定することもできます。

奨学寄付は税法上の優遇措置が受けられます。
法人の場合は寄附金として全額が損金に算入され、個人の場合も寄附金控除が受けられます。
詳しくは寄付金に対する税制上の優遇措置についてをご参照ください。

研究者・研究シーズの探し方

研究者情報データベース

本学に所属する研究者の業績を、網羅的に掲載しているデータベースを公開しています。

公開されている論文等へのリンクも貼られており、関心のあるテーマに合致する研究者をキーワードで検索できますので、本学との連携にご関心がある方はぜひご参照ください。

東洋大学研究者情報データベース

研究シーズ集

本学の研究成果の一部を冊子にまとめてご紹介しています。本学との産官学連携のきっかけとなることを目的としていますのでぜひご参照ください。

希望される方へは、郵送でお送りしていますので、お気軽にお問合せください。

東洋大学研究シーズ集

お問い合わせ先

 産官学連携推進センター
 Tel:03-3945-7564(内線:7564)
 E-mail:ml-chizai@toyo.jp

東洋大学産官学連携のご案内 [PDFファイル/310KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)