1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. 産官学連携推進センター
  5. 北脇研究室(国際学部)、角野研究室(生命科学部)が「2017NEW環境展」で展示発表
MENU CLOSE

北脇研究室(国際学部)、角野研究室(生命科学部)が「2017NEW環境展」で展示発表

  • English
  • 日本語

2017NEW環境展 概要

NEW環境展バナー画像会期:5月23日(火)~26日(金)

時間:10時00分~17時00分
  (※最終日は16時00分まで)

場所:東京ビッグサイト 東展示棟
  (東京都江東区有明3-10-1

主催:日報ビジネス株式会社

入場料:事前登録にて無料
   (特別招待券がない場合、入場料1,000円)

2017年5月23日(火)~26日(金)の4日間にわたり、東京ビッグサイトで開催される「2017NEW環境展」に、東洋大学から2ブース発表展示いたします。

「2017NEW環境展」は、同時開催される「地球温暖化防止展」と併せて延べ15万人が来場するアジア最大級の環境展です。

「2017NEW環境展」にお越しの際は、ぜひ東洋大学のブースへお立ち寄りください。

出展概要

ブースNo.S604:東洋大学 国際学部 北脇研究室

研究者:北脇 秀敏(国際学部国際地域学科・教授)

北脇研究室が行なっている、開発途上国における水供給、廃棄物処理等に関する適正技術の研究成果を展示します。

  1. 写真パネルによる開発途上国の環境衛生の現状紹介
  2. 途上国の環境衛生に関する資料・ニューズレターの配布
  3. 途上国におけるBOPビジネスに関する研究
  4. 研究室の各研究テーマ展示

ブースNo.S607:東洋大学

研究者:角野 立夫(生命科学部応用生物科学科・教授)

角野研究室(環境工学研究室)では有用微生物を利用した下水や産業廃水の処理技術、湖沼の浄化技術を研究しています。
下記の研究成果に関するパネルを展示するほか、有用菌利用水処理、水素供与体不要の硝酸脱窒、浄水用の低温耐性BAC処理等のリアクターを展示します

  1. 水素供与体不要の新規脱窒技術(NO3⇒N2)
  2. 高度浄水用の低温耐性硝化技術
  3. 生物学的リン回収技術
  4. 高塩濃度含有廃水の硝化脱窒技術
  5. アナモックス菌群を用いた省エネ水処理技術
  6. 畜産アンモニア臭気用の生物脱臭技術
  7. 水産養殖業や水族館向け低温硝化技術

2017NEW環境展

産官学連携推進センター

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)