MENU CLOSE

「コラボさいたま2014」へ出展しました

  • English
  • 日本語

平成26年11月7日(金)~9日(日)に、さいたまスーパーアリーナで開催された「コラボさいたま 2014」に、本学知的財産・産学連携推進センターと工業技術研究所(川越キャンパス)が共同でブース出展しました。

13回目の開催となるこのイベントは、さいたま市を拠点として積極的な事業活動を展開している商工業者の展示会(見本市)で、出展者自社製品のPRや販売促進等を行う「ビジネス支援」と、来場者に商工業を広く紹介する「市民PR」のふたつの側面を有し、それぞれに魅力ある事業が毎年実施されます。

本学の出展ブースでは、理工学部建築学科の松下吉男・教授の研究成果である「耐震パネル」(企業との共同出願により特許取得済み)や関連技術、工業技術研究所並びに知的財産・産学連携推進センターの活動内容、その他大学の研究内容・成果を一般の方を含む来場者に、ポスター展示、資料配布等を通して情報発信しました。

ブース写真  ブース対応風景

また、8日(土)には、会場内で開催された「日本機械学会講演会」において、理工学部機械工学科の藤松信義・准教授が「ものづくりを通じた創造性教育への取り組み」と題した講演を行い、本学理工学部(主として機械工学科)における教育活動の紹介を行いました。

藤松先生:講演風景

コラボさいたま2014

工業技術研究所

知的財産・産学連携推進センター