1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. 産官学連携推進センター
  5. 「アグリビジネス創出フェア2017」に生命科学部竹井弘之教授の研究成果を出展しました
MENU CLOSE

「アグリビジネス創出フェア2017」に生命科学部竹井弘之教授の研究成果を出展しました

  • English
  • 日本語

2017年10月4日(水)~6日(金)に東京ビッグサイトで開催された「アグリビジネス創出フェア2017」に、生命科学部竹井弘之教授の研究成果を出展いたしました。

アグリビジネス創出フェアは、全国の産学の機関が有する、農林水産・食品分野などの最新の研究成果を、展示やプレゼンテーションなどで分かりやすく紹介し、研究機関間や研究機関と事業者との連携を促す場として開催する「技術・交流展示会」です。

出展ブースでは、研究成果に係る具体的な展示物が設置され、来場者との盛んな情報交換が行われました。

出展概要

出展ブース(食ゾーン 小間番号: 食1829)

化学物質の迅速検出を可能とする表面増強ラマン分光法(SERS法)により表面に付着した物資や食品等に存在する化学物質の検出を可能にする手法を、開発した基板と小型装置を組み合わせた簡便装置を使って実演を行いました。

ブース1 ブース2

ショートプレゼンテーション(10月5日(木)15:00~15:15 セミナールームB)

農作物表面の付着物質・食品添加物の迅速検出と題して、研究成果についてのプレゼンテーションを行いました。

プレゼン2 プレゼン1

アグリビジネス創出フェア2017

産官学連携推進センター