1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. 産官学連携推進センター
  5. 9/7(木)「スマートQOL新技術説明会」を開催しました。
MENU CLOSE

9/7(木)「スマートQOL新技術説明会」を開催しました。

  • English
  • 日本語

2017年9月7日(木)「スマートQOL新技術説明会」を、JST東京本部別館1Fホール(東京・市ケ谷)において開催いたしました。

全景
(会場全景)

本説明会は、大学の知的財産活用を目的とし、大学発のライセンス可能な特許(未公開特許を含む)を発表するもので、研究者(特許発明者)自身が、企業関係者を対象に実用化を展望した技術説明を行い、広く実施企業・共同研究パートナーを募るものです。

今回は科学技術振興機構、首都圏産業活性化協会、首都大学東京、電気通信大学、埼玉大学、青山学院大学、芝浦工業大学、東洋大学が主催で、「スマートQOL」をテーマとした8テーマの研究成果を発表いたしました。

それぞれの発表の後には、企業担当者と発表者との名刺交換・個別相談の場を設け、多数の企業の担当者の方々と、今後の展開に向けた個別相談を実施いたしました。

【発表内容】

1) 低侵襲マイクロニードルデバイス
東洋大学 理工学部 生体医工学科 教授/吉田 善一
(聴講者:93名)

2) ロボットパートナーのための自然なコミュニケーション技術
首都大学東京 システムデザイン学部 知能機械システムコース 教授/久保田 直行

3) 防災は「色で歪みがわかる」光ファイバーセンサー
電気通信大学 情報理工学研究科 基盤理工学専攻 准教授/古川 怜

4) ハイコストパフォーマンスを実現するデータ駆動の制御・予測・推定方式(FRIT)
電気通信大学 情報理工学研究科 機械知能システム学専攻 教授/金子 修
 
5) ひずみ速度感受性指数(m値)を二次元切削で取得する方法
芝浦工業大学 工学部 機械機能工学科 教授/青木 孝史朗
 

6) 公開鍵暗号方式を用いた制御システムのサイバーセキュリティ強化技術
電気通信大学 情報理工学研究科 機械知能システム学専攻 准教授/小木曽 公尚

7) 水和物系蓄熱材の過冷却解除技術の開発と蓄熱システムへの応用
青山学院大学 理工学部 機械創造工学科 教授/熊野 寛之

8) 抵抗トルク呈示による機器操作の支援とその応用
埼玉大学 大学院理工学研究科 人間支援・生産科学部門 助教/楓 和憲
 

スマートQOL(Quality Of Life)新技術説明会

産官学連携推進センター