1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. 産官学連携推進センター
  5. 9/5(火)「メディカルテクノロジー新技術説明会」を開催しました。
MENU CLOSE

9/5(火)「メディカルテクノロジー新技術説明会」を開催しました。

  • English
  • 日本語

2017年9月5日(火)「メディカルテクノロジー新技術説明会」を、JST東京本部別館1Fホール(東京・市ケ谷)において開催いたしました。

全体写真

 

 

 

 

 






(会場全景)

本説明会は、大学の知的財産活用を目的とし、大学発のライセンス可能な特許(未公開特許を含む)を発表するもので、研究者(特許発明者)自身が、企業関係者を対象に実用化を展望した技術説明を行い、広く実施企業・共同研究パートナーを募るものです。

今回は東洋大学、上智大学、中央大学が合同で、多岐にわたる5テーマの研究成果を発表いたしました。

それぞれの発表の後には、企業担当者と発表者との名刺交換・個別相談の場を設け、多数の企業の担当者の方々と、今後の展開に向けた個別相談を実施いたしました。

【発表内容】

1) 核酸医薬品のStructure-Based Design
上智大学 理工学部 物質生命理工学科 准教授/近藤 次郎
(聴講者:95名)

2) ヒト腺癌の新規血清診断バイオマーカーEPHA2
東洋大学 理工学部 生体医工学科 教授/加藤 和則
(聴講者:114名)

3) 身体の機能や動作を補うウェアラブルシステムと筋収縮センサ
中央大学 理工学部 電気電子情報通信工学科 准教授/諸麥 俊司
(聴講者:132名)

4) 深部と表層の血液量変化のリアルタイム表示
上智大学 理工学部 情報理工学科 准教授/藤井 麻美子
(聴講者:124名)

5) 糞便中の化学物質の抽出方法、及びキットの開発
東洋大学 生命科学部 助教/萩尾 真人
(聴講者:100名)

 

メディカル・テクノロジー新技術説明会

産官学連携推進センター