1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. 産官学連携推進センター
  5. BNERC: BNERC exhibited its latest results at “BioJapan 2016”//「BioJapan2016」に、東洋大学バイオ・ナノエレクトロニクス研究センターが出展しました。
MENU CLOSE

BNERC: BNERC exhibited its latest results at “BioJapan 2016”//「BioJapan2016」に、東洋大学バイオ・ナノエレクトロニクス研究センターが出展しました。

  • English
  • 日本語

BNERC exhibited its latest results at “BioJapan 2016”

“BioJapan 2016” was held from 12th to 14th October 2016 at “PACIFICO Yokohama”. The Bio-Nano Electronics Research Centre presented its latest research results at “Booth: A-55”. The Director of the Centre and the Head andOfficers of the Research Promotion Office discussed future tactics for commercialisation of the outcome of the fundamental research carried out at the Centre with three overseas companies.

A-55: Nano robotics: its application to biomedical studies

Nano robots composed of nanostructures such as carbon nano materials and magnetic nanoparticles are developed. The surface of the nanostructures is modified with various molecules so that functional hybrid nano robots are created. The nano robots are manipulated by a combination of dc gradient, ac and rotational magnetic fields. Finally, the nano robots are actively utilised in the field of nano biomedicine; e.g., nano bio-imaging, nano surgery, nano hyperthermia and nano drug delivery.

BioJapan1  BioJapan2


Bio-Nano Electronics Research Centre
Director: Toru Maekawa

Center for Intellectual Property and Innovation (Japanese)

BioJapan 2016

BioJapan 2016 概要

バイオジャパンロゴ

会期:10月12日(水)~14日(金) 10:00~17:00

場所:パシフィコ横浜
  (神奈川県横浜市西区みなとみらい1−1−1)

2016年10月12日(水)~26日(金)にパシフィコ横浜で開催された「BioJapan2016」に、東洋大学バイオ・ナノエレクトロニクス研究センターが出展し、研究成果をご紹介いたしました。

BioJapanは1986年の初開催から18回目の開催を迎える、創薬、個別化医療、再生医療、診断・医療機器、ヘルスケア、環境・エネルギー、機能性食品、研究用機器・試薬等のバイオビジネスにおけるアジア最大のパートナリングイベントです。
今回は3日間の会期にわたり延べ15,133名の来場者があり、本学ブースでも多様な情報交換が行われました。

BioJapanブース1BioJapanブース2

 

出展概要

バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター(センター長:前川 透

小間番号:A-55 

本センターでは、カーボンナノ構造体・磁性ナノ粒子等から構成されるナノロボットを開発している。ナノ構造体表面を種々の分子で修飾し、機能性ナノ・ハイブリッド・ロボットを作製する。また、外部磁場によりナノロボットを自在に操作する技術を開発している。さらに、ナノロボットのバイオ医療分野への応用研究(ナノ・バイオイメージング、ナノ手術、ナノ温熱療法、ナノ・ドラッグデリヴァリー等)を実施している。

BioJapan 2016

産官学連携推進センター