1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. 産官学連携推進センター
  5. 「2016NEW環境展」に北脇研究室(国際地域学部)、角野研究室(生命科学部)の研究成果を出展しました
MENU CLOSE

「2016NEW環境展」に北脇研究室(国際地域学部)、角野研究室(生命科学部)の研究成果を出展しました

  • English
  • 日本語

NEW環境展トップ画像2016年5月24日(火)~27日(金)に東京ビッグサイトで開催された「2016NEW環境展」 に、北脇研究室(国際地域学部)、角野研究室(生命科学部)の研究成果を出展しました。

「NEW環境展」は、同時開催される「地球温暖化防止展」と併せて延べ約16万人が来場するアジア最大級の環境展です。今回は632社、2248小間の出展があり、累計来場者数は157,958名となりました。

出展概要

  • イベント名:2016NEW環境展
  • 開催日時 :2016年5月24日(火)~27日(金) 10:00~17:00(最終日は16:00まで)
  • 開催場所 :東京ビッグサイト(東京都江東区有明3−11−1)

出展代表者:北脇 秀敏(国際地域学国際地域学科)教授

出展テーマ:発展途上国の生活環境改善

開発途上国の生活環境改善のために現地で行っている水給水、廃水処理、廃棄物処理等の活動が、多数の写真とともに展示され、国際社会における本学の社会貢献活動をたくさんの来場者にご紹介いたしました。

北脇研究室1北脇研究室2北脇研究室3

北脇研究室

国際地域学部 北脇秀敏教授が環境大臣表彰「廃棄物・浄化槽研究開発功労者」を受賞

出展代表者:角野 立夫(生命科学部応用生物科学科)教授

出展テーマ:有用微生物を用いた水質浄化技術

下水や産業廃水処理等に係る研究成果をまとめた各種ポスターと、比重1.01と軽量であることで下水処理に伴う攪拌動力を3分の1に低減できる微生物担体(関連特許:特願2014-219064)を水槽とともに展示するほか、微生物担体の作製の実演も行われ、海外の来場者を含む多くの来場者が足を止め、活発な情報交換が行われました。

角野研究室1角野研究室2角野研究室3

環境工学研究室(角野教授研究室)

日経ビジネスで応用生物科学科 角野立夫教授の研究を紹介

2016NEW環境展

産官学連携推進センター