1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター
  5. Special Interview - Episode 1013//インタビューシリーズ Episode 1013
MENU CLOSE

Special Interview - Episode 1013//インタビューシリーズ Episode 1013

  • English
  • 日本語

Big Bang Interactions with Superb Researchers

with Maekawa senseiEpisode 1013
Ms Nur Suhaili Abd Aziz
Universiti Teknologi Malaysia, Malaysia

Ms Nur Suhaili Abd Aziz, a Ph.D student of Universiti Teknologi Malaysia, Malaysia, visited the Bio-Nano Electronics Research Centre, Toyo University for 3 months for a collaborative research project.

(Left: Ms Nur Suhaili Abd Aziz, middle: Director Toru Maekawa, right: Muhammad Khairullah bin Nor Azmi)

Please introduce yourself and your university.

My name is Nur Suhaili Abd Aziz and I’m a second year doctoral student in Universiti Teknologi Malaysia (UTM), Kuala Lumpur. I belong to Advanced Device and Material Engineering research group in Malaysia-Japan International Institute of Technology (MJIIT). MJIIT is one of the institute in UTM which is branched in Kuala Lumpur, the capital city of Malaysia. The main campus for UTM is located in Johor. MJIIT is a hybridized higher education system in which it employs combination of Malaysian and Japanese education style. We have both Malaysian and Japanese staffs working together to achieve world class quality in academic world.

What is your recent research topic?

My research is focused on the synthesis of silver nanoparticles decorated on reduced graphene oxide and its application as photodetector.

What is your motivation to do research?

The main motivation to do research is to contribute new idea and technology to mankind.

Please tell us about your life in Malaysia.

My hometown is in Melaka, the most historical city in Malaysia. There are a lot of attraction for tourists in Melaka because mainly Melaka is for tourism. I lived in Kuala Lumpur, the capital city of Malaysia. Kuala Lumpur is also the main attraction in Malaysia due to its modern life. There are Petronas twin tower and KL tower which are the famous attraction, well-known by many tourists.

Please tell us the impression of research at BNERC and life at Toyo University.

I was impressed with the warm welcome from BNERC team, not only from Sakuralecturers but also staffs and students. My coworkers are very helpful as they always give suggestions, share ideas and also provide assistance with experimental works. Although I only spend short time in BNERC, I learned lots of new knowledge which is necessary for my research. I am frequently assisted by technicians in charge whenever I need to handle complex equipment and instruments. The facilities are pleasant and easily accessible and we usually are not required to get into queues because they have plenty equipment in BNERC.

Please give some advice for international students coming to Toyo University in the future.

I recommend BNERC as a place to learn more knowledge as well as hands-on training for various advanced equipment. Language barrier is quite low as staffs in BNERC can communicate in English considerably well. In addition, they are also helpful and respect each other’s personal belief and culture. On top of that, BNERC has many members coming from different parts of the world such as India, Italy, UK, Tunisia and more, so that you can get to know more about different culture in just one place.

What is your dream and goal regarding research?

Currently, I aim to fabricate a simple, low cost and high detection for photodetector using my synthesized nanocomposite. I will optimize the nanocomposite to get the suitable parameter to fabricate as photodetector. Hopefully this will contribute to knowledge and useful for mankind.

 

Episode 1012   /   Episode 1014

インタビューシリーズ
「Big Bang Interactions with Superb Researchers」

with Maekawa senseiEpisode 1013
マレーシア工科大学博士後期課程学生
ヌー・スハイル・ビンチ・アブド・アジズさん

マレーシア工科大学のヌー・スハイル・ビンチ・アブド・アジズさんが東洋大学バイオ・ナノエレクトロニクス研究センターを訪れ、3ヶ月の間共同研究を実施しました

左:ヌー・スハイル・ビンチ・アブド・アジズさん
中央:前川透センター長
右:モハメド・カイラッラ・ビン・ノール・アズミさん

自己紹介をお願いします

こんにちは、ヌー・スハイル・ビンチ・アブド・アジズといいます。クアラルンプールのマレーシア工科大学(UTM)の博士後期課程2年生で、マレーシア日本国際工科院(MJIIT)の先端機器・材料工学研究室に所属しています。MJIITは、UTM内に設立された教育機関で、マレーシアの首都であるクアラルンプールにあります。UTMのメインキャンパスはジョホールにあります。MJIITは、日本とマレーシアの教育システムを融合した教育機関で、日本とマレーシアの教職員による世界レベルの教育・研究を行っています。

最近の研究テーマは何ですか?

私の研究対象は、還元型酸化グラフェンに付着させた銀ナノ粒子の合成です。銀ナノ粒子は、大きさや形状を制御することにより、可視-近赤外間の特定波長の光を吸収することができます。これを応用することにより、高感度の光検出器の実現を考えています。

なぜ研究者になろうと思ったのですか?

新しいアイデアやテクノロジーで、人類に貢献したいと考えているからです。

マレーシアでの生活について教えてください

私は、マレーシアでも歴史が古いムラカの出身です。観光客にも人気がある都市です。クアラルンプールはマレーシアの首都で、ペトロナス・ツイン・タワーやクアラルンプール・タワーなど有名な観光名所もある現代的なこの都市もまた人気があります。

BNERCでの研究はいかがでしたか?

SakuraBNERCは、教員の方々だけでなくスタッフや学生のみなさんも親切で、いろいろアドバイスを下さり、知識や考えを分かち合いながら実験を手伝ってくださいました。BNERCで過ごした時間は短かったですが、これからの研究に必要な知識を得ることができました。最先端の実験機器や施設を利用するときは、担当の技術員の方が丁寧にサポートしてくださいました。施設はとても利用しやすく、多くの機器が設置されてあるおかげで、長時間待つこともなく快適に実験を進めることができました。

東洋大学への留学を考えている学生へのメッセージをお願いします

新しい知識を得るだけでなく、最先端機器の使用トレーニングも受けることができるBNERCは、大変すばらしい研究施設です。BNERCでは英語でコミュニケーションが取れるので、言葉の問題もあまりありませんでした。また、親切でそれぞれの文化や信条を尊重しあうスタッフにも助けられました。インド、イタリア、英国、チュニジアなど、世界各国出身のスタッフがいるので、いろいろな文化に触れることもできます。

研究者としての夢は何ですか?

今取り組んでいる研究を進めていき、私が合成したナノ材料を利用して、従来よりも構造がシンプルで、価格が低コストで、その一方で、高感度の光検出器を作成することを目指しています。最終的に、私が得た研究成果を通じて物理学・工学および科学に対する貢献と、社会に還元することです。

 

 

Episode 1012   /   Episode 1014