1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター
  5. BNERC: Plenary Lecture at the Royal Society Symposium//「英国王立協会シンポジウム」で基調講演
MENU CLOSE

BNERC: Plenary Lecture at the Royal Society Symposium//「英国王立協会シンポジウム」で基調講演

  • English
  • 日本語

Plenary Lecture at the Royal Society Symposium

Celebrating the 30th Anniversary of Buckminsterfullerene

Professor Toru Maekawa, Director of the Bio-Nano Electronics Research Centre, gave a Plenary Lecture at an International Symposium organised by the Royal Society and the Royal Society of Chemistry, UK  on 15th and 16th July 2015 at the Burlington House in London.
Title of the plenary lecture: Soft matter science based on fullerene and carbon nano materials

The symposium was specially organised to celebrate “The 30th Anniversary of the Discovery of Fullerene”. Professor Maekawa was selected as one of the 14 Plenary Speakers from 9 countries.

The speakers discussed “The future of advanced carbon nano materials”, “The role of the government in the development of advanced science” and “The advanced education at universities” with 80 participants from 13 countries.

Please note that Sir Harry Kroto, Visiting Research of the Bio-Nano Electronics Research Centre and Visiting Professor of the Graduate School of Interdisciplinary New Science, received the Nobel Prize for Chemistry in 1996 for his discovery of fullerene.


The Royal Society

The Royal Society of Chemistry

Past, Present and Future, Celebrating the 30th Anniversary of Buckminsterfullerene
Bio-Nano Electronics Research Centre
http://bionano.toyo.ac.jp/JPN/indexpage.html

Graduate School of Interdisciplinary New Science
Graduate School of Interdisciplinary New Science (PDF file)

Faculty of Science and Engineering

Professor Toru Maekawa (researchmap)

「英国王立協会シンポジウム」で基調講演

「Fullerene発見30周年記念特別シンポジウム」

前川透教授(バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター長、大学院学際・融合研究科教授、理工学部生体医工学科教授)が、「英国王立協会」、「英国王立化学会」が主催する「フーラレン発見30周年記念特別シンポジウム(Past, Present and Future, Celebrating the 30th Anniversary of Buckminsterfullerene)」で基調講演を行いました(発表題目:Soft matter science based on fullerene and carbon nano materials)。

2015年7月15日から16日にロンドンBurlington Houseにおいて開催された今回のシンポジウムは、1996年度のノーベル化学賞に至った「C60 フーラレンの発見30周年」を記念して開催されたもので、前川教授が世界から14人の講演者の一人に選ばれたのは、東洋大学にとっても非常に名誉なことであります。13ヵ国から80名の聴衆者が参加し、最先端研究者の間で「先端教育研究に関する議論」が展開されました。

「The Speakers’ Dinner」では、「英国王立協会」、「英国王立化学会」の会長・副会長・事務局、他の講演者と、「最先端カーボンナノ構造の今後の展開」、「先端研究に対する政府の役割」、「大学教育のあり方」等について、さらに議論を深めました。

なお、「英国王立協会」は1660年に設立された、世界で最古の科学協会です。「王立協会」が1771年に設立した「Copley Medal」は世界で最も古い科学賞で(第1回ノーベル賞の170年前に設立)、BN研究センターの客員研究員および大学院学際・融合科学研究科の客員教授であるSir Harry KrotoとSir John Walkerも受賞されています。


王立協会(外部リンク・英語)

王立化学会(外部リンク・英語)

Past, Present and Future, Celebrating the 30th Anniversary of Buckminsterfullerene(外部リンク・英語)

バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター
バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター(英語)
http://bionano.toyo.ac.jp/JPN/indexpage.html

大学院学際・融合科学研究科
大学院学際・融合科学研究科(英語)
大学院パンフレット

理工学部生体医工学科
理工学部生体医工学科(英語)

前川透(researchmap)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)