1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター
  5. Sakura Exchange programme in science with Dhempe College of Arts and Science//【さくらサイエンスプログラム】デンプ人文科学大学(インド)一行が来校しました
MENU CLOSE

Sakura Exchange programme in science with Dhempe College of Arts and Science//【さくらサイエンスプログラム】デンプ人文科学大学(インド)一行が来校しました

  • English
  • 日本語

BNCToyo University invited 10 undergraduate students and a professor from Dhempe College of Arts and Science, India from February 2 to February 9, 2018.

The young students performed experiments with the state-of-the-art facilities and equipment at the Bio-Nano Electronics Research Centre, Kawagoe campus, and they visited museums and a factory of JEOL Ltd., a major electron microscope developer. They experienced Japanese science, technology and actual manufacturing sites.

The participants from India also visited Hikawa Shrine in Kawagoe and Kawagoe Festival museum and experienced Japanese culture – Origami and the Tea Ceremony – with students and staff of Toyo University.

2This visit was supported by the “Japan-Asia Youth Exchange Program in Science” (SAKURA Exchange Program in Science), of the Japan Science and Technology Agency, which aims at raising the interest of Asian youths toward the leading Japanese science and technologies at Japanese universities, research institutions and private companies.

It was the first time for all the students to go abroad. They were surprised by the difference in temperature and the snow which still remained on the ground.

On the last day, the students presented their accomplishments. The students received the Certificates of Achievement and a farewell party was held.3

It was a wonderful opportunity for both Indian and Japanese students to enjoy and understand different cultures and recognise the similarities.4

BNC2月2日(金)から2月9日(金)の日程で、デンプ人文科学大学 Dhempe College of Arts and Science(Goa, India)の学生9名、引率教員(CHARI, VISHNU RAMA助教授)の10名が川越キャンパスに来校しました。

期間中、バイオ・ナノエレクトロニクス研究センターでの先端機器を使用した実験体験、博物館等の見学、日本電子株式会社のご好意による同社昭島事業所の見学等、多くのプログラムに参加し、日本の科学技術・ものづくりの現場について理解を深めました。

2また、川越市内の氷川神社、川越まつり会館の見学、茶道・折り紙等の体験を通して日本文化にも触れるとともに、プログラムのサポートに参加した本学学生、教職員との交流も深めました。

今回の訪問は科学技術振興機構(JST)日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン・科学技術体験コース)によるもので、実験体験、見学等のプログラムを通して、科学技術、日本文化に触れるとともに学生・若手研究者との交流を深めることを目指したものです。

3ほぼ全員が初めての海外、また、前日の積雪の残る日本への初めての訪問で、当初は、インドと日本の温度差に驚いていましたが、最終日には各自で今回の成果を発表し、JSTプログラム修了証が、全員に授与され、帰国の途につきました。

4