1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター
  5. BNERC:Outcome of an academia-industry collaboration programme “Bio-Nano Innovation Programme” in collaboration with JEOL//産学連携プログラムの進展:日本電子株式会社(JEOL)との共同研究成果の発信
MENU CLOSE

BNERC:Outcome of an academia-industry collaboration programme “Bio-Nano Innovation Programme” in collaboration with JEOL//産学連携プログラムの進展:日本電子株式会社(JEOL)との共同研究成果の発信

  • English
  • 日本語

Outcome of an academia-industry collaboration programme “Bio-Nano Innovation Programme” in collaboration with JEOL

The Bio-Nano Electronics Research Centre and the Graduate School of Interdisciplinary New Science started a collaborative research programme with the Electron Optics Laboratory Ltd. (JEOL) in 2016 and obtained a remarkable result concerning nanomaterials and nanotechnology.

Gold nanocages (Au-NCGs) have been paid a lot of attention to in recent years in the fields of materials science, nanotechnology, nano photonics, nanoelectronics, and biomedical science and technology. Au-NCGs are in particular focused on in biomedical studies considering the utilisation of them as nano vehicles for drug delivery to and nano media for photothermal therapy for cancer cells. In the present study, an ultra-fast methodology for synthesising Au-NCGs was developed. The present microwave assisted method reduces the synthetic time down to several seconds, noting that it takes more than 30 minutes with a conventional one, and improves significantly the quality of gold crystals.

The symposium was also supported by the following companies. We really appreciate their continuous support to the activities organised by the Bio-Nano Electronics Research Centre and the Graduate School of Interdisciplinary New Science.

1 2
Electron microscopic images of gold nano cages

Scientific paper

S, Raveendran, A. Sen, T. Maekawa and D.S. Kumar, Ultra-fast microwave aided synthesis of gold nanocages and structural maneuver studies, Nano Res. (2016).
DOI: 10.1007/s12274-016-1368-3
http://link.springer.com/article/10.1007/s12274-016-1368-3

Please note that part of the present study was supported by a Grant for the Programme for the Strategic Research Foundation at Private Universities; S1101017, organised by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT), Japan.


Bio-Nano Electronics Research Centre
http://bionano.toyo.ac.jp/JPN/indexpage.html

Graduate School of Interdisciplinary New Science
Graduate School of Interdisciplinary New Science (PDF file)

JEOL Ltd.

 

産学連携プログラムの進展:日本電子株式会社(JEOL)との共同研究成果の発信

バイオ・ナノエレクトロニクス研究センターと大学院学際・融合科学研究科は日本電子株式会社と2016年に「新規ナノ材料の合成・ナノ構造観察手法の開発」に関する産学共同研究を開始しました。

金ナノケイジ(Au-NCGs)(金原子により構成される籠状ナノ粒子)はナノテクノロジー・ナノ材料・ナノ光学・ナノエレクトロニクス・バイオ医療科学技術の分野で注目されているナノ構造体です。特に、悪性腫瘍へのドラッグデリヴァリー用輸送粒子・温熱治療用媒体としての応用が期待されており、バイオ医療分野において注目されています。

本共同研究では、マイクロ波を利用し、Au-NCGsを超高速で合成する手法を開発しました。合成時間は数秒に短縮され、高品質金結晶から構成される籠状ナノ粒子の大量生産が可能となりました。JEOLとの連携により、最先端装置・ソフトウェアを駆使した高度ナノ構造解析・元素分析を実施し、産業界からも注目されています。

1 2
金ナノケイジの電子顕微鏡像

発表論文

S, Raveendran, A. Sen, T. Maekawa and D.S. Kumar, Ultra-fast microwave aided synthesis of gold nanocages and structural maneuver studies, Nano Res. (2016).
DOI: 10.1007/s12274-016-1368-3
http://link.springer.com/article/10.1007/s12274-016-1368-3

なお、本研究の一部は、文部科学省「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(S1101017)」の支援を受けました。


バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター
バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター(英語)
http://bionano.toyo.ac.jp/JPN/indexpage.html

大学院学際・融合科学研究科
大学院学際・融合科学研究科(英語)大学院パンフレット

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)