1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. 生体医工学研究センター
  5. What is the Research Center for Biomedical Engineering?//生体医工学研究センターとは
MENU CLOSE

What is the Research Center for Biomedical Engineering?//生体医工学研究センターとは

  • English
  • 日本語

An Approach toward the Serious Social Problem of “Heatstroke Countermeasures” that Concentrates the Wisdom of Toyo University

In 2010, the Research Center for Biomedical Engineering was chosen as part of the Private University Strategic Research Initiative, and it began a five-year plan focused on the neuroscience area of the “visualization of stress”. In response to this initiative, a research project focused on “heat stress” was started in 2016 to address the serious heat problems being suffered around the world. The Research Center for Biomedical Engineering, under a new system, includes research experts from molecular biology, cellular biology, animal physiology, brain and neuroscience, cardiovascular physiology, thermofluid engineering, ergonomics, and food science, all of whom will contribute to this empirical research into coping with heat stress.

深刻な社会問題「熱中症対策」へ東洋大学の英知を結集してアプローチする

本生体医工学研究センターは、2010年私立大学戦略基盤研究に採択され、5か年計画で始まった脳科学研究を基盤とした「ストレスの可視化研究」がスタートとなっています。このストレス可視化応答の研究成果を継続し発展させるため、2016年から「暑熱ストレス」に焦点をあて研究プロジェクトを始めました。新体制となった生体医工学研究センターは、この重大かつ緊急な暑熱問題に対して、分子生物学、細胞生物学、動物生理学、脳神経科学、循環生理学、熱流体工学、人間工学そして食品科学を専門とする研究者の英知を結集し、科学的な根拠に基づく暑熱ストレスコーピング研究を実施します。