表彰制度

  • English
  • 日本語

東洋大学社会貢献者表彰金

学部1~4年で、社会の各分野((1)教育活動、青少年の育成 (2)社会福祉の増進 (3)文化活動 (4)国際貢献、国際協力 (5)環境保護、環境保全 (6)その他)において著しい貢献を行った者に、その努力に報い、今後の学習活動を奨励し、表彰金として10万円を給付する制度です。

  • 出願時期:10月下旬
  • 採用範囲:1~12月に実施したもの。1年生・編入学生は入学月以降に実施したもの。

 平成28年度社会貢献活動実施結果報告に対する申請受付について

学長賞

「学長賞」とは、東洋大学の在学生が、文化活動及び体育活動等において顕著な業績を挙げ、本学の発展に貢献したとみなされた場合に、その功績を讃えるために授与する賞です。

対象者は、次のいずれかに該当する者です。

  1. 本学の学生(休学中の者を除く)で、文化活動において全国的またはそれに匹敵されると認められる若しくは世界的な規模の大会等で優勝または最優秀賞等の栄誉を得た者で、本学の名誉を高からしめたと認められる者。
  2. 本学の学生(休学中の者を除く)で、体育活動において全国的またはそれに匹敵されると認められる若しくは世界的な規模の大会等で優勝または最優秀賞等の栄誉を得た者で、本学の名誉を高からしめたと認められる者。
  3. 1または2の基準に充分匹敵する業績を挙げたと判断される者

対象期間・申請期間

対象大会等は、当該年度のものを対象とし、申請期間は原則として当該年度の2月末日までとなっております。  

手続きについて

表彰に値する事実を知った者、もしくは本人が値する資料を添付した上で学生部へ申請してください。その後、学生部においてその事実の確認および表彰に値するかの検討をし、値するとなった場合、学内会議体にて学長賞授与の可否を決定します。

表彰について

表彰者に対して、学長賞授与式にて、学長より賞状および賞品又は賞金を授与します。

経営学部表彰制度

経営学部成績優秀賞概要

本制度は経営学部在学中に、優秀な成績を修めた者に対しその栄誉と努力を称え表彰する制度です。
1~3年生については、当該年度に在学し所属学科の教育課程表により30単位以上修得した者で、かつそれぞれの年度毎の成績により選考します。成績については、成績評価を点数化し、修得した点数の合計点を修得した科目の合計数で徐す方法です。各学年で上位5位までを選出します。
表彰式は次年度の4月に軽食を伴う表彰式を実施し、賞状と記念品を授与します。
4年生については、4年以上在籍し卒業が決定した者で、卒業までの成績により選考とします。
成績の選考方法は、上述の方法と同様です。表彰式は卒業証書授与時に同時に行っています。

資格取得に伴う経営学部奨励賞

経営学部では、在学中に別紙に定める資格を取得又は科目合格し、本学部の社会的評価を高めることに貢献した学生を奨励することを目的に、「資格取得に伴う経営学部奨励賞」を設けています。