MENU CLOSE

投稿規程・執筆要領・付則

  • English
  • 日本語

投稿規程

1.目的

『アジア文化研究所研究年報』(以下、本誌という)は、東洋大学アジア文化研究所(以下、本研究所という)の機関誌であり、広くアジアにかかわる研究成果をとりまとめて、原則として毎年1回、年度末をめどに刊行する。

2.投稿資格者

本誌への投稿資格者は以下の者とする。

  1. 本研究所の研究員・客員研究員。ただし研究員の共著においては、共著者の所属を問わない。
  2. 本研究所の院生研究員。投稿については、本研究所院生研究員内規の定めに従う。
  3. 本研究所の運営委員会が特別に依頼した者。
  4. 「東洋大学研究倫理規程」を遵守すること。

3.原稿区分

本誌に掲載される原稿は、一般投稿原稿・プロジェクト報告原稿・それ以外のものに分ける。

4.採択

投稿資格者には春学期期間中に事前の投稿希望を調査する。投稿原稿の調整や掲載の採否などは本研究所運営委員会において審議のうえ決定する。

5.東洋大学学術情報リポジトリ登録

投稿希望者は投稿希望調査に際して、東洋大学学術情報リポジトリに登録し原稿を電子的に複写してインターネットでアクセスできるようにすることの諾否を選択し、本研究所運営委員会に伝える。意思表明のない場合は、登録を承諾したものとみなす。

執筆要領

  1. 投稿原稿は、図表・写真・注記・参考文献などを含めて、使用言語が、日本語・ハングルなどの場合は、400字詰原稿用紙80枚以内(40字800行以内)、中国語の場合は400字詰原稿用紙50枚以内(40字500行以内)で作成すること。アルファベット表記の外国語の場合は、13,000語以内で作成することとする。プロジェクト報告書に関しては運営委員会において審議の上で枚数を決定する。
  2. 投稿原稿は、原則としてパソコンのワープロソフトで作成し、電子媒体(①wordもしくは一太郎と②PDFの2種類)とプリントアウトしたもの双方を提出することとする。電子媒体は指定のアドレスにメールで送信すること。紙媒体のものは郵送、持参のいずれも可とする。また事務連絡の必要上、連絡先(住所・電話・FAX・Eメールアドレスなど)を明記すること。
  3. 原稿提出締切日、採択の場合の著者校正などの日程は本研究所運営委員会より別途連絡する。

    投稿原稿には、以下のものを、順に記載すること。
    (1)題名(副題がある場合には副題も)
    (2)著者名
    (3)所属・身分(東洋大学以外に本務先がある場合には本務先も)
    (4)キーワード(日本語もしくは外国語・5つ程度)
    (5)本文
    (6)注記・参考文献(引用文献)
    ※なお、日本語投稿原稿の場合は英文情報(題名・著者名・所属・身分・要旨200ワード程度)、外国語投稿原稿の場
    合には和文情報(題名・著者名・所属・身分・要旨200ワード程度)を合わせて提出すること。
    ※申請後の題名の大幅な変更は認めない。

  1. 図・表・写真を添付する場合は、以下のことに留意すること。
    (1)そのまま原稿として使用できる状態で提出をすること。
    (2)本文における挿入箇所は投稿原稿の欄外に赤字で指示を明記すること。
    (3)通し番号・記号・キャプションを付す場合には投稿原稿の欄外に赤字で指示を明記すること。
    (4)図・表・写真に関しては、運営委員会の判断により、点数・大きさなどを変更する場合がある。
  2. 提出原稿は、付記の表記法にもとづき、完成原稿の希望に準じて提出すること。
  3. 外国語特殊文字に関しては、投稿原稿の当該部分に赤丸をつけ欄外に赤字で指示を明記すること。
  4. 投稿原稿は採否にかかわらず原則返却しない。
  5. 不明な点は、本研究所運営委員会編集担当および本研究所付事務方に問い合わせるものとする。

付則:投稿規程の改変

本投稿規程は必要に応じて運営委員会の議を経て改変するものとする。
(2009年2月28日施行)
(2014年1月25日改定)

(2014年11月22日改定)
(2017年5月20日改定)