1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. アジア文化研究所
  5. Asian Cultures Research Institute Summary//アジア文化研究所  概要
MENU CLOSE

Asian Cultures Research Institute Summary//アジア文化研究所  概要

  • English
  • 日本語

水上マーケットの野菜売り(インドネシア・南カリマンタン州)撮影:長津一史

Selling vegetables at a floating market (South Kalimantan, Indonesia) Photo taken by NAGATSU Kazufumi

Summary (Philosophy)

Asian Cultures Research Institute (ACRI),  TOYO University  derives from Asia -Africa Research Institute established in 1959. The aim was to “Primarily and comprehensively conduct research investigations regarding cultural aspects of Asian and African Regions, deliver findings and develop a friendly relationship with the regions and contribute to each other’s prosperity”.
In 1963, the name was changed to Asia-Africa Cultural Research Institute and they built a fundamental system of the Institute. The year of 1999 marked the 40th anniversary since it established.  
In 2002, the name was changed to ‘Asian Cultures Research Institute, TOYO University’ due to the reform of research institutes of Toyo University. The philosophy hasn’t changed since its establishment, and the Institute has been striving for cultural exchange between Asian and African regions. Now our institute holds 56 Regular Researchers and 76 Visiting Researchers (April 2015).
The research targets have been set to East Asia (especially China and South Korea), South East Asia and West Asian countries. The Institute has been taking a core role in Asian studies at TOYO University. Some of the research findings are published in the “Annual Journal of the Asian Cultures Research Institute” issued every year and “Research Series (=Kenkyu Sokan)”, etc.

History

  • 1959 Asia and Africa Research Institute,TOYO University was established.
  • 1963 The name was changed to Asia-Africa Cultural Research Institute, TOYO University.
  • 1986 The Science Research Promotion Fund supported by Promotion and Mutual Aid Corporation for Private Schools of Japan, “Modernization and Traditional Values of South Korea” (until 1989)
  • 1991  The Science Research Promotion Fund supported by Promotion and Mutual Aid Corporation for Private Schools of Japan, “Education reform of Asia and related issues of Philosophy and reality” (until 1994)
  • 1997 The Science Research Promotion Fund supported by Promotion and Mutual Aid Corporation for Private Schools of Japan, “Modernization and acculturation-Focused on International companies developing business in Asian countries (until 2000)
  • 1999 40th anniversary of the Institute since establishment. A commemorative lecture presentation was held.
  • 2002 The name was changed to Asian Cultures Research Institute,TOYO University.
  • 2002 The research project entitled  “Cultural and Social Changes in East and Southeast Asian Countries Arising from Their Economic Development and Urbanization”at the Institute was selected as the collaborative research under Academic Frontier’ Project by Japan’s Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT). (until 2007)
  • 2007 3-year extension of “Academic Frontier” was approved. (until 2010)
  • 2009 50th Anniversary of the Institute since its foundation

水上マーケットの野菜売り(インドネシア・南カリマンタン州)撮影:長津一史
水上マーケットの野菜売り
(インドネシア・南カリマンタン州)
撮影:長津一史

目的

アジア及び隣接する地域の文化に関する基礎的かつ総合的な研究及び調査を通じて、アジア地域の文化構造の学術的解明に貢献する。

理念

東洋大学アジア文化研究所は、1959(昭和34)年に、「アジア・アフリカ地域の文化諸相について、基礎的かつ総合的な研究調査を行い、その成果を発表し、これらの地域との友好、親善をはかり、相互の繁栄に寄与することを目的」として創設されたアジア・アフリカ研究所から始まる。1963(昭和38)年には、東洋大学アジア・アフリカ文化研究所と改称し、研究所の礎となる体制を築き、1999(平成11)年には創立40周年を迎えた。2002(平成14)年には、本学の研究所改革に伴い、東洋大学アジア文化研究所と改めたが、創設時の理念を引き継ぎアジア・アフリカ地域相互間の文化交流をはかり、今日では研究員50余名・客員研究員80名を擁するに至っている。
当研究所は、東アジアとりわけ中国・韓国をはじめ、東南アジアおよび西アジア各国を研究対象とし、本学におけるアジア研究の中核的な役割を担ってきた。この間、当研究所の研究成果の一端は、毎年発行する『研究年報』をはじめ、『研究叢刊』などとして公表している。

沿革

  • 1959年 東洋大学アジア・アフリカ研究所創設
  • 1963年 東洋大学アジア・アフリカ文化研究所に改称
  • 1986年 日本私学振興財団学術研究振興資金助成「韓国の近代化と伝統的価値観」(~1989年)
  • 1991年 日本私学振興財団学術研究振興資金助成「アジアの教育改革と課題―その理念と実際―」(~1994年)
  • 1997年 日本私立学校振興・共済事業団学術研究振興資金助成「現代化と文化変容―アジア諸国に展開する国際的企業を中心に―」(~2000年)
  • 1999年 研究所創立40周年、記念講演会開催
  • 2002年 東洋大学アジア文化研究所に改称
  • 2002年 当研究所を母体とする研究プロジェクト「東アジア・東南アジア諸国にみる経済発展と都市化による伝統文化の変容―大都市・地方都市・農村の比較―」が、文部科学省「私立大学学術研究高度化推進事業」に係わる「学術フロンティア推進拠点」による共同研究に採択(~2007年)
  • 2007年 「学術フロンティア」の3年間の延長が認可(~2010年)
  • 2009年 研究所創立50周年
  • 組織概要