1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. アジア文化研究所
  5. 2008年9月2日 日本・カンボジア国際シンポジウムの概要
MENU CLOSE

2008年9月2日 日本・カンボジア国際シンポジウムの概要

  • English
  • 日本語

挨拶

イム・コッチ(NIE学長)
比嘉佑典(アジア地域研究センター長)

基調講演

ナット・ブンロウアン(カンボジア教育省次官)「カンボジアの国家発展と教育」

第一セッション 地域の文化と教育

「カンボジアの教育の課題―科学教育を中心に―」

金森正臣 愛知教育大学名誉教授、JICA専門家

「アジア地域の教育―グローバル化とアイデンティティ―」

比嘉佑典 本研究所研究員

「カンボジアの大学教育改革」

ネット・バロム 王立プノンペン大学副学長

第二セッション 型の学習・訓練と文化価値

「伝統的な「型」の学習がもたらす感覚と認識―剣道を例として―」

石井隆憲 本研究所研究員

「文化アイデンティティとしてのクメール音楽・舞踊教育―カンボジアの経済発展にむけて―」

ソム・ソムアーン パンニャサ大学教授

「カンボジア古典舞踊教育における型の習得とクメール文化」

羽谷沙織 日本学術振興会特別研究員