1. トップページ
  2. 交通アクセス(東洋大学)
  3. Kawagoe Campus // キャンパス紹介(川越キャンパス)
MENU CLOSE

Kawagoe Campus // キャンパス紹介(川越キャンパス)

  • English
  • 日本語

Kawagoe Campus

Map of Kawagoe Campus

Appearance of Kawagoe Campus Inside a campus building Baseball ground

  • Faculty of Science and Engineering
    Dept. of Mechanical Engineering / Dept. of Biomedical Engineering /
    Dept. of Electrical, Electronic and Communications Engineering / Dept. of
    Applied Chemistry /
    Dept. of Civil and Environmental Engineering / Dept. of Architecture
  • Faculty of Information Sciences and Arts
    Dept. of Information Sciences and Arts
  • Graduate School
    Graduate School of Science and Engineering / Graduate School of Interdisciplinary New Science / Graduate School of Engineering

Address

2100 Kujirai, Kawagoe-shi, Saitama 350-8585

住所

〒350-8585 埼玉県川越市鯨井2100 TEL:049-239-1300(代表)

キャンパス内案内図

川越キャンパスマップ

  1. 1号館
  2. 2号館
  3. 図書館メディア棟
  4. 4号館
  5. 5号館
  6. 6号館
  7. 7号館
  8. 大型構造物実験棟
  9. 音響実験棟
  10. 都市環境・建築実験棟
  11. 共生ロボットハウス
  12. 情報第2実験棟
  13. 機械・電子情報第2実験棟
  14. 機械実習棟
  15. 応化第2実験棟
  16. 応化情報実験棟
  17. BNCα棟(バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター)
  18. 機械・電子情報実験棟
  19. BNCβ棟(バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター)
  20. コミュニティセンター
  21. 学生ホール食堂棟
  22. 福利厚生棟
  23. 第一実技場
  24. 第二実技場
  25. 運動部合宿所

 

川越キャンパスで学べる学部

川越キャンパスで学べる研究科

 

 

キャンパス紹介

 

1961年、東洋大学初の理系学部開設に伴い誕生したキャンパス。以来さまざまな改革を経て今日に至ります。豊かな人間性とフィロソフィを持ち、実践的に活躍できるためのカリキュラムで学ぶ理工(工)学部、総合情報学部と大学院研究科・学際の学生が学んでいます。
武蔵野の自然に囲まれた緑豊かなキャンパスはまるで森のよう。新西門から校舎へと続く「こもれびの道」は四季折々の表情を見せてくれます。小江戸・川越をフィールドにした地域連携プログラムや地域の生涯学習を担うオープンカレッジ、サマースクールなどがさかんなほか、キャンパス全体で環境意識の向上を図っています。
大学スポーツ界をリードする硬式野球部・陸上競技部などもこのキャンパスで練習しています。

1号館
2号館
4号館
7号館
学生ホール・食堂棟
図書館・メディアセンター
バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター
共生ロボットハウス
野球場
ラグビー場
陸上競技場(グラウンド)

 

 

1号館

 

1号館は2002年1月に建設され、2011年に最新のAV機器を設置した講義室をはじめ、各学科の教務室と教員の研究室、実験室(総合情報学部)で構成されています。

 

 

2号館

 

2号館は2003年春に川越キャンパス40周年を記念して建設されました。1号館同様に、2011年に最新のAV機器を設置した講義室をはじめ、各学科の教務室と教員の研究室、製図室(機械工学科・都市環境デザイン学科・建築学科)で構成されています。

 

 

4号館

 

事務機能が集中する4号館は、川越キャンパス30周年記念で建設されました。設計は建築学科第一期卒業生が設計したもので、後にかわごえ都市景観賞受賞を受賞。教学課や総務課等の事務局で構成されています。事務局から発信される学生向けの掲示板があり、学生は授業や試験、奨学金、キャリアなどの情報を取得できます。産学協同教育センターや工業技術研究所も設置しています。

 

 

7号館

 

7号館外観

7号館は2009年に建設されました。右側の総合情報学部棟には、カフェテリア・PC演習室・心理情報の実習室・ミニシアター・スタジオがあります。左側の理工学部棟には、物創り工房・実験室(生体医工学科)で構成されています。

スタジオ

円形にレイアウトされたPCの配置により、クリエイティブな作業と活発なコミュニケーションの両立が可能となっております。ネットワークの構築やハードウエア環境の仕組みを理解しながら、新しいコンテンツを創造し、シアターと連携してアウトプットできます。

物創り工房

3Dプリンタ・3D形状測定器・マシニングセンタなどの最新装置を用意しています。学生の日常的な「ものづくり」活動はもちろん、企業・学外研究者との共同研究等にも利用可能な施設です。

 

 

学生ホール・食堂棟

 

外観

2008年にリニューアルした施設。食堂ホールの南側は全面ガラス張りで2階までが吹き抜けのオープンスペースになっています。

学生ホール・食堂棟

座席数は約500席あり、昼食やミーティング、憩いの空間となっています。

 

 

図書館・メディアセンター

 

外観

特徴ある5角形の図書館・メディアセンター棟(2002年1月竣工)。この1・2階が図書館(2階一部は学習支援室)、3階のメディアセンターにはPC教室があり、授業および予習・復習・課題作成のための自習利用やインターネット検索等と多目的に利用されています。

図書館

 図書館は、約19万冊の図書資料と最新の研究情報を得るための学術雑誌、電子ジャーナルやデータベースなどの電子媒体資料の閲覧が可能です。 館内の座席数は483席。その他「グループ学習室」や「視聴覚資料」「参考指定図書」「専任教員著作」「新着本」「軽読書」「文庫・新書」の各コーナーが設置されています。

 

 

バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター

 

バイオナノ

ナノテクノロジーとバイオ科学を融合した学問分野を発展させるために1996年に設立されたセンター。2013年3月にはバイオ・ナノエレクトロニクス研究センターβ棟(新棟)が誕生し、同分野における最先端の研究の場が広がります。

 

 

共生ロボットハウス

 

未来志向型実験住宅として、「人の状態に合わせた居住空間の創造」をテーマに、実験等を行う施設。
1DKのマンションモデルルームのような部屋があり、実際にロボットハウスで生活をしてもらい、各種身体データを収集、解析を行い、IT化住宅と高齢者の住み心地の研究を行っています。

 

 

野球場

 

数多くのプロ野球選手を輩出している硬式野球部、その練習拠点がこの野球場です。2009年に神宮球場仕様のグラウンドが完成しました。

 

 

ラグビー場

 

2010年6月にラグビー場・フットサル場は人工芝に。防球ネット、夜間照明を完備し、ラグビー部トレーニングセンターを新設しました。

 

 

陸上競技場(グラウンド)

 

箱根駅伝をはじめ、学生陸上界での活躍光る陸上競技部。日々の練習は、このグラウンドで行っています。

交通アクセス

川越キャンパス交通アクセス