Notable Features of Toyo University//東洋大学の概要

  • English
  • 日本語
Founded year1887 
Founding spirit

Founding spirit: “ The Basis of All Learning Lies in Philosophy”, “Integrating Knowledge and Virtue”, and “Independence and Self-Initiative”

Founding philosophy and the founder, Dr. Enryo Inoue

The number of student

30,556 students
(The total of faculties (both daytime and evening courses), graduate schools, Law School and Correspondence Course as of May 1, 2016)

The number of graduates304,206 (As of March 31, 2016)
Faculty and Department

11 faculties and 44 departments

List of faculties and departments

Graduate School13 Graduate Schools
List of Graduate Schools
CampusHakusan (34278.06 square meters), Kawagoe (286981.00 square meters), Asaka (69774.00 square meters), Itakura (331963.00 square meters) and sogo (general) sports center (20705.93 square meters) and Otemachi Satellite Traffic access
Attached schoolsToyo University Himeji Junior and Senior High School,Toyo University Ushiku Junior and Senior High School,Toyo University Keihoku Junior and Senior High School, Keihoku Kindergarten

Toyo University Annual Report (contents in Japanese)(digital brochure)


 

創立1887(明治20)年
建学の精神建学の精神 「諸学の基礎は哲学にあり」「独立自活」「知徳兼全」
建学の理念と創立者 井上円了
学生数30,556名
(2016年5月1日現在 学部(第1部・第2部)・大学院・専門職大学院・通信教育部 総計)
卒業生数304,206名(2016年3月31日現在)
学部・学科11学部44学科 学部・学科一覧
大学院12研究科 大学院研究科・専攻一覧
キャンパス白山(34,278.06㎡)・川越(286,981.00㎡)・朝霞(69,774.00㎡)・板倉(331,963.00㎡)・総合スポーツセンター(20,705.93㎡)に加え大手町サテライトキャンパス 交通アクセス
附属学校等附属姫路中学校・高等学校 附属牛久中学校・高等学校 東洋大学京北中学高等学校 京北幼稚園

東洋大学はいま2016(デジタルパンフレット)


東洋大学は、明治20(1887)年に「私立哲学館」として、井上円了博士により創立された総合大学です。
円了は、開国から近代化へと激動する時代にあって、人々が「自分なりのものの見方、考え方を持ち、自分なりの哲学を持って行動すること」が近代国家の発展に不可欠であると考え、哲学の普及を実践しました。
ここでいう「哲学」とは、ギリシャを起源とする知的活動の基本にある「智慧を愛し求める(philosophy)」思想のことであり、円了はその普及に向けて日本全国を巡講し、多様な人々に学習の門戸を開いていきました。
哲学を建学の理念とする唯一の私立大学・東洋大学は、総合大学として日々進化を遂げながらも、すべての学びのはじまりであり、生きる力の原点でもあるこの理念を守り続けて、今日に至ります。
平成24(2012)年、創立125周年を迎えた東洋大学。グローバル化が進展し、多様な価値観が混在する今、本質を理解する「哲学」の重要性がさらに増しています。「国際化」「キャリア教育」そしてその基盤となる「哲学教育」の3つを教育の柱とし、時代や環境の変化に流されることなく、地球規模の視点から物事を捉え、自分の未来を切り拓くことのできる「グローバル人財」を育成していきます。