MENU CLOSE

The Founding Spirit of Toyo University//建学の理念

  • English
  • 日本語

The Founding Spirit of Toyo University

Toyo University emphasizes The Basis of All Learning Lies in Philosophy, Integrating Knowledge and Virtue, and Independence and Self-Initiative as its founding spirit. The university inherited these ideas from its founder, Enryo Inoue.

 

円了01

 

 The Basis of All Learning Lies in Philosophy

円了02
Enryo Inoue as adolescent


Enryo Inoue (1858-1919) was born as the eldest son of a Buddhist priest in today's Niigata Prefecture. As a child, he received Buddhist education and was trained in the Chinese classics. From the age of sixteen, he entered the Nagaoka School for Western Learning, where he studied English, Mathematics, Geography, and other Western subjects. When he was twenty years old, his Buddhist order, the Otani Branch of True Pure Land Buddhism, dispatched him to Tokyo to enter the recently established University of Tokyo. It was here that Inoue encountered philosophy. He became convinced that all knowledge is grounded in philosophy, regardless of whether it originated in the East or the West. In 1887, Inoue founded a private school called Philosophy Academy, which subsequently developed into Toyo University.

For over 125 years, Toyo University has faithfully upheld the educational belief of its founder Enryo Inoue, that The Basis of All Learning Lies in Philosophy. 

Integrating Knowledge and Virtue

円了03
The Philosophy Academy started
with 130 students in Rinsho Temple 

When Enryo Inoue was a teenager, the modern Japanese State pursued the imitation of Western civilization. Inoue established the Philosophy Academy in order to revive Eastern Learning and to promote Japanese culture. In addition to Eastern and Western Philosophy, Buddhist Studies, Ethics, Psychology and various other subjects were taught at the Philosophy Academy. Rather than training professional philosophers, what Inoue envisioned was an education that would enable students to cultivate insight and virtue based on their own philosophy.

In one of his writings, Inoue distinguishes two gates in philosophy. The Upward Gate corresponds to the pursuit of knowledge and the elucidation of the truth. The Downward Gate means the application of all that one has learned in service of others. "We pass through the Upward Gate in order to accomplish the Downward Gate." In other words, we strive to improve ourselves so as to devote ourselves to our fellow human beings.

Independence and Self-Initiative 

円了04
Enryo Inoue's travel suitcase


During his lifetime, Enryo Inoue made three journeys around the world. At a time when international travel was still difficult, he visited the United States, Europe, South America, India, and Australia. His determination to see the world with his own eyes demonstrates well his pioneering spirit and positive outlook. Inoue applied the ideas he gained from inspecting overseas countries in the reform of Japanese education. From his early thirties, Inoue gave lectures all across Japan to popularize philosophy and contribute to social education. Between 1906 and 1918, he gave as an independent scholar more than 5,000 lectures in 2,198 towns in 60 cities. More than 1.3 million people listened to his lectures.

In the 21st century, amid ongoing globalization, philosophy provides ideas for the solutions to the world's pressing problems. At Toyo University, we are convinced that the principles that motivated Dr. Enryo Inoue and inspired his service to others are more relevant than ever to all who aspire to learn.

建学の理念と創立者 井上円了

建学の理念

建学の精神

「諸学の基礎は哲学にあり」「独立自活」「知徳兼全」

東洋大学の教育理念

【自分の哲学を持つ】

多様な価値観を学習し理解するとともに、自己の哲学(人生観・世界観)を持つ人間を育成する。

【本質に迫って深く考える】

先入観や偏見にとらわれず、物事の本質に迫る仕方で、論理的・体系的に深く考える人間を育成する。

【主体的に社会の課題に取り組む】

社会の課題に自主的・主体的に取組み、よき人間関係を築いていける人間を育成する。

東洋大学の心

【他者のために自己を磨く】

自分を磨くのは、人々のためにはたらくことができるようになるためであり、そのことを自覚して学業に励むのが東洋大学の心である。

【活動の中で奮闘する】

現実社会における活動の中にどこまでも前進してやまないのが、東洋大学の心である。


 

 

 

画:東洋大学創立者 井上円了 博士

創立者 井上円了 博士
画:岡田 三郎助
(第1回文化勲章受章)

東洋大学は、明治20(1887)年、哲学者・井上円了が創設した「私立哲学館」によりその歴史が始まりました。円了は幕末の安政5(1858)年、越後国長岡藩西組浦村(現在の新潟県長岡市浦)のお寺の長男として生まれ、明治14年、設立間もない東京大学文学部哲学科にただひとりの1年生として入学しました。勉学を通して「洋の東西を問わず、真理は哲学にあり」と確信します。当時のわが国は欧米文化至上主義の時代で、円了の目には西洋化に踊らされる日本を憂いていたと思われます。ここでいう哲学とは、「万物の原理を探り、その原理を定める学問」であり、それは観念的演繹的な哲学ではなく、事実と実証にもとづく哲学であるという点が強調されました。

円了は創設前に「哲学はあらゆる事物の原理を定める学問であります。政治、法律はもとより科学や芸術まで、その根底には哲学がなくてはなりません」と述べています。この考えから明治20年「私立哲学館」という哲学専修の専門学校を創設しました。これが現在の東洋大学の前身であります。

井上円了が教育で目指した哲学は、いわゆる「哲学者」の養成ではなく、思想や精神を練磨する術であり、他に応用する能力も身につけなければならないものであると説いています。

哲学という言葉が初めて使われた明治時代から、哲学の欠如が問われている現在までの125年以上のあいだ、東洋大学も激動の歴史を歩みながら、創立者井上円了のこの教育理念を継承してきました。

大学創設以降に、円了は「余資なく、優暇なき者」のために「社会教育」と「開かれた大学」を目指して活動を開始しました。その一つに、学校開設の翌年から「哲学館講義録」を発行して、通学できない者にも勉学に機会を与えました。これは当時としては画期的なことであり、この精神は現在の通信教育部に受け継がれています。

さらに、円了が生涯続けることになる全国行脚を30代から始めています。統計の残っている明治39年から大正7年までの13年間で、全国60市、2198町村において5291回の講演を行い、社会教育に力を入れました。明治の日本に新しい教育の扉を開こうとした円了の情熱がうかがえます。この心を伝えて現在の東洋大学では「開かれた大学」を目指し、講師派遣事業や、公開講座などを開催して、地域の人々や多くの市民に生涯学習の場を提供しています。