MENU CLOSE

自己点検・評価を活かした改善

  • English
  • 日本語
東洋大学では、2006年度に行った自己点検・評価活動の結果を、既に具体的な改善に繋げる取り組みを行っています。次にその一例をお見せします。

<例1 点検・評価報告書の記述 終章「2.学士課程の教育内容・方法について」より>

「各学部がそれぞれ授業評価アンケートを導入し授業内容、運営の検証を行うツールは揃っている。しかし、そのアンケート結果を活用する段階までには至っていない学部が多い。
これは大学としてファカルティーディベロップメント(FD)に力を入れてこなかったことを表している。各学部・学科や個々の教員任せで、大学という組織としての取り組みが希薄であった。現在、東洋大学では経済学部において「教員総合評価」という取組みを始めており、学内におけるリーディングケースとなるよう大学としても予算的に支援しており、これらの経験を踏まえて授業評価アンケートシステムを含めた、FD活動に力を入れていくべく体制を整え、平成19年度から本格的に活動を開始する。」

(点検・評価報告書 終章 P. 2)

改善後

これまでの各学部等での取り組み実績を踏まえ、2007年4月より、「東洋大学FD委員会」を設置し、2008年12月に FD推進センター が開設されました。FD推進センターは、FD推進教会の下に4部会(研修部会、大学部会、授業改善対策部会、編集部会)を組織し、FDに関する共通理解を得るための全学的な活動を展開しております。

<例2 点検・評価報告書の記述 3 学士課程の教育内容・方法等 法学部より>

「実際のところは講義内容や自己の興味よりも時間割の組み立てを優先に履修科目を決定するなど、学生側にカリキュラム改訂の趣旨が十分には伝わっていないと思われる事例も散見される。この点について、法学部としては科目の体系性を理解した上での履修を促すべく、従来から『履修要覧』には履修モデルを記載し、将来の目標とそのために履修が望まれる科目を一覧にして記載してきた。また、学生に法学を体系的に学ぶ意義について理解してもらうため、平成19年度入学生の『履修要覧』に法学の科目体系図を載せることにしている。」

(点検・評価報告書P.151)

改善後

画像:法学科目体系図

この自己点検・評価の結果をもとに、現在では右のような法学の科目体系図を実際に『履修要覧』に掲載し、学生の皆さんが適切な科目選択ができるように配慮しました。

このように、東洋大学における改善の取り組みは既にいたるところで具体的に行われているのです。

東洋大学の取り組みの一部

社会の変化に対応する東洋大学
東洋大学が評価を実施した目的は?
東洋大学の理念
自己点検・評価を活かした改善