1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 東日本大震災への支援・活動
  4. 東日本大震災に関わる授業期間中のボランティア活動の取扱いについて
MENU CLOSE

東日本大震災に関わる授業期間中のボランティア活動の取扱いについて

  • English
  • 日本語

 東日本大震災は未曽有のものとなり、現在もきわめて多くの人手による復興支援が必要とされています。本学としても、これに関わる学生のボランティア活動に対し、本年も昨年に引き続き積極的に支援することとなりました。
授業期間中の活動については下記のとおり取り扱うことといたします。



1.授業期間中の当該ボランティア活動の取扱い

  1. 当該活動中の履修科目については、2-(2)の欠席届を提出することで、当該学生に不利益が生ずる扱いをしないものとします。
  2. この扱いにかかる期間は、最長7日間とし、 申請は1回(1科目につき1回)のみ とします。
  3. 事前の申請を原則としますが、やむを得ない場合、事後も対応いたします。
  4. 試験や実習に関わる場合は、事前に授業担当者の指示を仰いでください。

2.本扱いを希望する学生は、下記の通りに手続きを行ってください。

  1. 事前に「東洋大学ボランティア活動届出書(個人活動)」を所属キャンパス学生生活担当窓口に提出する。
  2. 所定の「東日本大震災に伴う欠席届」を受け取り、所属キャンパス教務担当窓口に提出する。
  3. 活動終了後、2週間以内に「東洋大学ボランティア活動報告書(個人活動)」を所属キャンパス学生生活担当窓口に提出する(受入先機関担当者の確認印またはサインが必要になります)。

東洋大学ボランティア活動届出書(個人活動)[PDFファイル/96KB]
東洋大学ボランティア活動報告書(個人活動)[PDFファイル/22KB]

※ボランティア活動を行う場合は、「東洋大学ボランティア活動届出書(個人活動)」と「東洋大学ボランティア活動報告書(個人活動)」を必ず提出してください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)