MENU CLOSE

節電の取り組み

  • English
  • 日本語
東洋大学は知を結集して、復興を応援します。

東日本大震災により、電力供給不足が極めて厳しい状況となっています。
本学では、学修時間の確保をはかりつつ、夏場の電力ピーク時における電力使用量を
可能な限り抑制するため、 学年暦の変更および事務局のサマータイム制の導入などにより
電力使用の抑制措置に取り組み、社会貢献の一翼を担いたいと思います。

インフォメーション

現在、お知らせはありません。

白山キャンパス節電パトロール活動

「2アップ3ダウン」歩こう運動実施中

東洋大学で最大の電力を消費する白山キャンパスでは、使用されていない教室などの不要な電気を切り、注意を呼びかける節電パトロールを実施中です。

川越キャンパス 電力の「見える化」

節電アクション

東洋大学川越キャンパスでは、政府が推進する地球温暖化対策の国民的プロジェクト 「チャレンジ25」に賛同し、大学の事業活動における環境負荷の低減とともに、 大学内および地域社会との環境コミュニケーションを推進してきました。

東日本大震災による節電対応にも積極的に取り組み、ポスターやステッカー、 あるいはデジタルサイネージやTwitterなどで随時「電力の見える化」を図り、 各人の節電行動を促しています。

川越キャンパス節電情報Twitter

電力需要の予測や気象状況をTwitter(#c25_toyo)でお知らせしています。