東洋大学とは諸学の基礎は哲学にあり。

1887年の設立から130年。東洋大学は日本で唯一、「哲学教育」を実践している私立大学です。

前身である「私立哲学館」誕生の背景には、当時の日本の世相がありました。開国によって欧米の新しい文化が押し寄せ、価値観の急速な変化に流される民衆の姿に危機感を持った哲学者・井上円了は、「ものの見方、考え方」を修得する「哲学教育」が大切であるとして、「私立哲学館」を開設しました。

グローバル化が進展し、さまざまな文化・価値観が交わり混迷する現代社会において、東洋大学では、ものごとの本質を見極める目を養い、自身の基軸を確立する「哲学教育」の大切さを再認識しています。

本学の「哲学教育」とは、「なぜだろう」と疑問を持って事象に向き合うこと。すなわち、本質に迫って深く考える鍛錬を重ねることを意味します。この「哲学教育」を学びの根幹として人格形成を行っているのです。
また、あらゆる専門教育の基盤としても「哲学教育」を重視し、全学共通の講義を設置しています。

本学は現在、「グローバル人財の育成」を教育のスローガンに掲げています。2014年度に文部科学省の「スーパーグローバル大学」に採択されたことを受け、新たな教育プログラムを導入し、大学の国際化への取り組みをさらに推進しています。

本学が目指しているのは、卒業後、日本で、あるいは世界のどのような地域・社会においてもたくましく生き抜く力を持った「人財」の育成です。そこで、「哲学教育」「国際化」「キャリア教育」の3つの柱で総合的な力を身につけていきます。そして、2016年度にはこれらの3つの柱をつなぐ教養教育を強化・再編し、新たな「基盤教育プログラム」がスタートしました。

留学生から選ばれる大学へ。

日本留学AWARDS2016・2017 2年連続受賞
全国の日本語学校が選ぶ留学生に進めたい進学先として、2016年東日本の私立大学文科系部門入賞校6校のうちの1校に選ばれ、2017年には大賞に選ばれました。
一般財団法人日本語教育振興協会が主催する『日本留学AWARDS』は、全国の日本語学校の教職員が任意で投票を行い、その集計結果から大学(理系および文科系)と専門学校それぞれ上位校を選出し表彰するものです。
「日本留学AWARDS2016~全国の日本語学校が選ぶ留学生に進めたい進学先」http://www.ryugakuawards.org(外部サイト)(一般財団法人日本語教育振興協会 日本語学校教育研究大会主催)
個別相談も、Webで。TOYOWebサポート 個別相談も、Webで。TOYOWebサポート

受験に役立つ最新情報を
メンバー登録で

入試イベントや過去問対策、出願登録まですべて