社会福祉学科 イブニングコース

Social Well-beingを探す。
ひとしく、誰もが社会に生きる。

第1部のカリキュラムをベースにして、福祉について幅広く学びます。実践的な演習と、ものごとを主体的に問う姿勢を重視し、福祉に関するさまざまな問題を解決するための企画力と実践力を養います。社会福祉への関心が高く、世代や背景の異なる学生が共に学び、現場での体験談から直接学べる機会にも恵まれています。

学問の魅力

福祉社会の構築に貢献する。

参加型の演習授業を主軸とするカリキュラム構成で、社会の福祉に貢献するために必要な実践力を養います。福祉・看護・医療などの現場で働く社会人学生の体験談に学ぶ機会も多くあります。

学び方

1.体験的学習の重視

1〜4年次までの演習授業で、社会福祉の価値・知識・技術に関する理解を体験的に深めます。

2.多様な学生の受け入れ

3年次からの編入枠を設け、短期大学や専門学校で学んだ知識をより深めていくことができます。

4年間の学び

社会で役立つ知識を学び福祉を究めるコース

社会福祉の専門的な科目を広く学ぶことはもちろん、基礎科目や専門科目は社会学科イブニングコースで開講されている科目を選択することが可能です。社会福祉学とともに社会学や心理学も学べるよう、カリキュラムが設定されています。1年次のゼミでは、現代社会における社会福祉問題を題材として、①資料を読むこと、②レポート作成の基礎、などを習得します。2年次ではICTを使用した情報収集の仕方、レポート作成の技術、社会福祉学やソーシャルワークという、相談援助技術をふまえた自己理解・他者理解などを学びます。3年次・4年次では、「外部講師による参加型の演習」と「ゼミ担当教員による専門的な演習」の両面から学びを深めます。
特に、外部講師による参加型の演習では、学生が興味を持って取り組めるよう、社会福祉に関連する社会的起業・企業コミュニケーション技術の向上、支援を必要とする人々の制度と理解に造詣の深い外部講師を招き、ゼミ担当教員とペアでゼミを行います。また、ゼミ担当教員による専門的な演習では、社会福祉学やソーシャルワークを基盤として、社会福祉に関する専門的な能力を高めます。この演習については、3年次・4年次の2年間で2つの異なるゼミを選択できます。社会福祉学科イブニングコースの大きな目標は、大学で学んだ知識・技術を社会で生かしていくことです。自分を取り巻く社会をどのようによくしていくか、社会福祉の問題をどのようにとらえるかをさまざまな角度から学び、目標を達成できる力を養います。社会人の学生も多く、世代や背景が異なる人々と一緒に学ぶことで、有意義な学生生活を送ることができます。さらに社会福祉への理解を深めたい場合には、大学院への道も開かれています。

カリキュラムマップを見る(PDF: 1ページ, 85KB) ※カリキュラムは改訂することがあります。

カリキュラムの特徴

昼間に福祉施設で働きながら、夜間に本学で学びたい学生に対して、文京区近隣(区外もあり)の福祉施設と連携し、働きながら福祉を学ぶシステムを構築しました。実践(昼間の仕事)と理論(夜間の学び)が融合し、相乗効果が期待されます。

卒業論文のテーマ例

  • 医療ソーシャルワーカーの業務・役割・課題の検討
  • 在宅における高齢者のターミナルケア 〜日本とスウェーデンを比較して〜
  • 知的障害児・者支援における動物介在療法の役割
  • 医療ソーシャルワーカーと看護師との連携・協働に関する一考察 〜退院支援に焦点をあてて〜 など

学びの取り組み

外部講師を活用した即戦力の実践を目指した3・4年ゼミ

①福祉起業コース、②制度政策コース、③コミュニケーションコース等のうち、2つのゼミを3・4年生の2年間で選択するようになっています。春学期の授業の数回は外部講師を交え、各コースならではの特色ある演習とし、秋学期は各教員の実施する演習となります。これによって、広く社会福祉の知識を得られるだけではなく、卒業後に即戦力となる人材を育成します。