社会福祉学科

Social Well-beingを探す。
ひとしく、誰もが社会に生きる。

福祉的な社会の構築と発展に貢献し、牽引するリーダーを養成します。「社会で生きる一人ひとりの権利を守る」という視点から、社会の課題を発見、解決策を探り、それを実行する力を養います。学びと現実(実社会)を結びつけるため、ゼミナールやフィールドワーク、社会福祉士国家試験受験資格取得のための実習などを通して実践力を磨きます。

学問の魅力

“グローカル”と“プラカデミクス”

現代社会に生きる私たちの暮らしは、複雑な要因が網の目のように絡み合う中で成り立っています。日常で体験する目の前の課題の背景には、世界規模の課題があります。また、現実的な課題を理解するためには、高度に学問的な知識が求められることも増えています。国の内と外、学問と現実社会の間を自由に行き来できる、グローカル(グローバル+ローカル)かつプラカデミクス(プラクティス【実践】+アカデミクス【学問】)な生き方を、本学科は提案します。

学び方

3つのユニットを軸に構成されるカリキュラム

1年次は、基礎演習を通じてアカデミック・スキルを身につけるとともに、社会福祉学の基礎を幅広く学びます。2年次からは、「福祉社会政策」、「福祉社会ディベロプメント」、「ヒューマン・サービス」で、専門的知識や技能を修得します。「福祉社会政策」ユニット(科目群)では、社会福祉および社会政策の理論、歴史、制度、政策について総合的に学びます。「福祉社会ディベロプメント」ユニットでは、NPOや社会的企業、起業等について学ぶとともに、市民の組織化や組織運営の方法についても学びます。「ヒューマン・サービス」ユニットでは、個人や地域、社会の問題を解決するソーシャルワークを中心とする個別的対人援助に関する専門性を高めるとともに、社会福祉士の資格取得も目指します。

4年間の学び

社会福祉学を基盤とする学びと行動する力

「福祉社会政策」、「福祉社会ディペロプメント」、「ヒューマン・サービス」のそれぞれについて専門的な学びを深めます。同時に、本学科で学ぶ学生全員が身につけるべき教養として、社会福祉学の原理や基礎的知識を重視します。また、ソーシャルワーク実習や国内外のフィールドワークを通して、企画力、判断力、行動力を鍛えます。

選べる3つの専門性

カリキュラムマップを見る(PDF: 1ページ, 116KB) ※カリキュラムは改訂することがあります。

カリキュラムの特徴

2016年度の新カリキュラムにより、社会福祉士養成コースはさらに充実しました。また、福祉・社会政策学や福祉的市民社会に関わるボランティアやソーシャル・アクションの科目群もより体系化が図られています。社会福祉の現場だけではなく、公務員や福祉系企業、さらには一般企業への就職、社会的起業等を志す学生の学びを応援します。

卒業論文のテーマ例

  • 連続したバリアフリー設備による段差解消への取り組みの完成
  • 知的障がいを持つ人々の「居場所」づくり
  • 高齢者への音楽療法
  • 子ども食堂の現状と課題
  • レズビアンと百合文化
  • 地方の社会的孤独について

学びの取り組み

震災被災地支援

本学科では、大震災によって被災された人たちの支援をさまざまな形で行っています。東北大震災後は、2011年8月から津波と火災で大きな被害を受けた岩手県山田町を訪れ、焼け残った建物のがれきの撤去や汚泥の除去、建物全体の掃除を繰り返し、「山田町ゾンタハウス」という中高生の軽食付き自習室の開設を行いました。現在もその運営に協力しており、2013年1月には、東日本大震災子ども支援ネットワークが開催した「子どもと一緒に考える東日本大震災子ども支援の今後」に招待されました。その際は「山田町ゾンタハウス」を利用してきた高校生たちが、意見表明できるように支援を行いました。

東北大震災被災地(山田町)でのボランティア活動

サマーレスパイトデイズ活動

2016年7月16日〜18日、東洋大学鴨川セミナーハウスにてサマーレスパイトデイズという活動を行いました。レスパイトは、社会福祉学科森田ゼミと福島県の母子家庭支援をしているNPO団体しんぐるまざあず・ふぉーらむ・福島の主催で、東日本大震災発生後毎年7月に行われている活動で、福島で被災したひとり親家庭の子どもたちや保護者の方にリフレッシュしてもらうことを目的に行っている活動です。今年は福島県の母子家庭の小中学生15名と森田ゼミ生ほかに学生40名が参加し、海辺で砂遊びやスイカ割りをしたり、子どもの宿題を教えたりしました。普段は仕事や家事で忙しい親にあまり甘えられない子どもと学生が3日間付きっきりで接していました。学生のお兄さんお姉さんに触れている子どもたちの顔はとても幸せそうで、別れの時には子どもも学生も涙を流していました。レスパイトを1年の軸のイベントとして楽しみにし、学生との再会を心待ちにしている子どももいるので、今後も継続的に活動を行っていく予定です。

東洋大学鴨川セミナーハウスでのサマーレスパイトデイズ活動

フィールドワーク・海外研修

本学科では、1年次で基礎的学習を終えた後のフィールドワークや海外研修の機会を、豊富に設置しています。2年次には福祉的な課題に取り組む多様な現場を訪問し、現代的な社会問題の最前線を体験します。3~4年次には、それぞれのユニットに応じたフィールドワークプログラムが用意されています。また、本学科オリジナルのフィールドワークとしては、多文化研修プログラムがあります。2014~2016年度には、このプログラムを通じて韓国研修を行いました。2017年度には、国内の異文化コミュニケーティへのフィールドワークやアメリカ研修が計画されています。

スペシャルオリンピックス ユニファイド・スポーツ(R)バスケットボール 都内在住の知的障がい者+アメリカンスクール+東洋大)

海外(韓国)研修 〜2016年2月に行った韓国研修〜

救世軍の事業説明やボランティア活動
韓国研修(青少年センターでのボランティア活動)

社会福祉士受験資格取得のための実習

国家資格である社会福祉士の受験資格取得のためには、社会福祉施設での実習が必修となっています。社会福祉士の資格取得者は社会福祉サービスの質を高めるため、福祉現場の中核的職員として活躍することが期待されています。そのため、資格取得を目指す学生は、入学時から真剣に、計画的に学習を行うことが重要です。社会福祉士の実習では、社会福祉現場での「実践力」を身につけることが求められており、学生は実習に行く前の段階から一定レベルの知識や技術が必要とされます。本学科のカリキュラムは、関連する授業や演習によって、それらのスキルを習得できるようになっています。実習では、社会福祉施設機関において180時間以上(24日間程度)の学習を行います。実習先の社会福祉施設機関としては、①児童福祉関係施設、②高齢者福祉関係施設、③身体障害児福祉施設、④知的障害者福祉施設、⑤社会福祉協議会、⑥生活保護法関連施設、⑦婦人保護施設などがあります。実習は資格のためだけのものではありません。学生が自分と向き合い、自分が何のために何を学ぶのか、その学びを将来どんなことに生かしていくのかを、真剣に考える場でもあります。

社会福祉フィールド活動支援室

社会福祉フィールド活動支援室では、フィールドワーク、国内・海外研修やソーシャルワーク実習を支えています。学生のみなさんを受け入れていただく学外の施設・期間との連絡調整を行うほか、学生からの相談に対応しています。また、支援室ではボランティア募集やイベントの案内をはじめ、関連施設や企業からの求人情報の閲覧ができます。