理工学部の教育方針(ポリシー)

各学科の3つのポリシー

アドミッション・ポリシー(入学者の受入に関する方針)

機械工学科では、創立者井上円了博士の「諸学の基礎は哲学にあり」の思想を根幹とし、学習意欲のある者に高度の教養・学力を授け、社会に貢献できる全人的な人材を育成することを目的としています。
本学科が求める学生は、本学の教育理念を理解し、先入観にとらわれない柔軟性のある思考力とたゆまぬ向学心の持ち主でなければなりません。学習を通して、広い知識と創造性を育み、自ら考え行動する学生を求めています。
機械工学では専門科目を修得する上で数学・理科(特に物理)が、基礎学力として重要です。また、語学力は現代人にとって必要不可欠な能力です。従って、入試では数学・理科・英語の3科目を入試選択科目として筆記試験による選抜を行います。さらに、そのような筆記試験の成績のみで選抜を行うのではなく、向学心の高い優秀な学生を受け入れるために、附属校、指定校、それに学校推薦の制度も利用します。これらの推薦制度による入学生には、学習面で学科学生の模範となる優秀な人材を求めます。そのため、数学Ⅰ、数学Ⅱおよび物理を履修し大学教育を受ける下地ができていることを条件とします。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施に関する方針)

本学科は、社会に貢献できる有能な機械技術者の育成を実現するために以下の方針でカリキュラムを編成しています。

  1. 機械工学の基礎となる「数学」、「物理学」、「化学」、「情報技術」などの科目を習得し、それらを機械工学の基礎・専門分野に応用できる能力を育成します。
  2. 機械工学における根幹である「材料力学」、「熱力学」、「流体力学」、「機械力学」、「計測工学」、「制御工学」に関する知識を重点的に身につけ、応用的に展開できる能力を育成します。
  3. 実験・設計製図・卒業研究などを通じて、ものづくりに必要な解析や総合に関する実践的な能力を育成します。
  4. 自らの考えを的確に表現・発表・記述し、効率的な討議を行って考えを正しく相手に伝えるコミュニケーション能力を育成します。
  5. 社会の環境・安全に深い理解を持ち、相手の立場・考え方を尊重しつつ自分の考えを展開できる倫理観と責任感をもった人材を育成します。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

以下の能力を備えた学生に学位を授与します。

(知識・理解)
  1. 理工学基礎科目を理解した上で、機械工学の根幹である「材料力学」、「熱力学」、「流体力学」、「機械力学」、「計測工学」、「制御工学」に関する知識を重点的に身につけている。
(思考・判断)
  1. 技術的な問題に対して、機械工学の観点から分析し、その解決策を検討・考察することができる。
(技能・表現)
  1. 実験や機械設計(CADを含む)に関する基礎的な技能を有し、また技術文書の作成・技術プレゼンテーションを通じて自らの考えを的確に表現・発表できる。
(態度)
  1. 社会の環境・安全に深い理解を持ち、相手の立場・考え方を尊重しつつ自分の考えを展開できる倫理観と責任感を身に着けている。

アドミッション・ポリシー(入学者の受入に関する方針)

生体医工学とは、医学、生物学と工学を融合させた視野の広い学問です。身体の構造や人の心を正しく理解するとともに、自然界にあるシステムや生物の構造・機能を観察・解析し、最新のテクノロジーとの融合を図ることで、人のために役立てる「ものづくり」へ応用します。生体医工学科では、医療や福祉に興味がある人、健康・スポーツに興味がある人、「ものづくり」がしたい人、ロボットに興味がある人、そして、「医学と工学の融合領域で社会に役立ちたい」と強く思い、行動できる人を受け入れます。すなわち、生体医工学分野に対する学習意欲と目的意識が明確で、さらに単なる学力だけでなくモラルや倫理観および国際感覚を兼ね備えた学生を求めます。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施に関する方針)

人間性に富む医療環境や社会環境の実現に貢献し得る、異なる学問分野を基盤とした広い視野と深い専門性を併せ持つ人材を養成します。また、今後多くの先進国が迎える少子高齢化社会をにらみ、高齢者や身体機能に障害を有する人々が、健常者と同等のクオリティ・オブ・ライフを獲得するための再生医療工学や医療・介護機器開発の研究、さらには身体に大きな負担を掛けない低侵襲治療、遠隔医療の基盤技術の研究に寄与できる人材の養成を目指したカリキュラムを構成しています。幅広い視野を持って様々な問題の発見と解決ができるように、現実的・実践的なケーススタディを通して総合的な能力を育成する体験型自律創造学習プログラム(Problem Based Learning:PBL)を教育の中核に据えています。中でもダビンチ・プロジェクト教育では、社会人基礎力を育成すると共に、国際社会で活躍するために不可欠な語学力と問題解決能力を育成します。その上で、生物学、物理学、医学、生体工学、工学のバランスのとれた知識を備えた学生を育成できるカリキュラムを構成しています。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

学位授与の要件は次の通りです。

  1. PBL教育を通して、社会人として必要なグループ構成員同士の連帯感、協調性、コミュニケーション能力を身に付け、モラルある行動ができる。
  2. 生物、生体の構造と機能や工学の基礎知識を習得する。
  3. 人間と工学の双方への理解を深め、医工学融合領域について幅広い見識を持ち、生体医工学における諸問題を実践的問題としてとらえ、問題解決のために論理的組み立てができる。

アドミッション・ポリシー(入学者の受入に関する方針)

入学を志願する人に対し、各種選抜試験を実施し、その結果、下記の要件を満たすと判断した人に入学を許可します。

  1. 「電気工学(エネルギー・制御)」、「電子工学(エレクトロニクス)」および「情報通信工学」分野などの技術革新の著しい先端技術分野に関心があり、将来技術者として製品開発や製造に携わることを希望する。
  2. 高等学校で履修する科目について、それら内容を理解し高等学校卒業相当の知識を有している。
  3. 入学後の修学に必要な基礎学力としての数学および英語の知識を有している。
  4. 未知なる物に対して好奇心を持ち、自ら積極的に学ぶ強い意欲がある。
  5. 将来の目標が明確であり、その目標達成に対して努力を怠らない。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施に関する方針)

電気電子情報工学科では、将来技術革新に柔軟に対応できる次世代を担う先導的な技術者を育成するため、
①基礎学力の重視、②実験・実習・演習により育まれる実践力の養成、③ハードとソフトの技術力の涵養を、教育目標・実施の基本方針としています。このため、下記のように教育を施します。

1年次:

  • 基盤教育科目、理工系共通科目を通じて、数学、物理学、情報処理および英語の科目を中心に、基礎を固める。
  • 基幹科目「電気回路」、「コンピュータプログラミング」を必修専門科目として修得させる。
  • 「電気電子情報工学概論」を配し、専門科目を修学していくための動機付けを行う。

2年次:

  • 1年次に引き続いて、基幹科目「電磁気学」、「電子回路」を必修専門科目として修得させ、さらに、これらを理解するために「応用解析学」を配する(いずれの科目も2クラスに分けてきめ細かく指導する)。
  • 「電気電子情報実験A」を配し、技術革新に柔軟に対応できる技術力の基礎を身につけさせる。
  • 将来の進路希望に応じて、「電気工学(エネルギー・制御)」、「電子工学(エレクトロニクス)」および「情報通信工学」分野を「3つの柱」とし、それらに関して体系的かつ系統的学修ができる科目を配し、専門的基礎力の十分な修得を重視する。

3年次:

  • 必修科目「電気電子情報実験B、C」を配し、将来必要となる専門的な技術力を身につけさせる。
  • 上述の「3つの柱」に関してさらに専門性の高い科目を多く配し、技術革新に柔軟に対応できる技術者を育成する。

4年次:

  • 上述の「3つの柱」に応じた研究室に配属し、「卒業研究」を行う。
  • これまで学んできたことの集大成として卒業論文を作成し、また、卒業研究発表を通して高度な専門知識、自分の考えを文章および口頭によって的確に伝える能力を身につけさせる。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

下記の能力を備えた学生に学位を授与します。

  1. 東洋大学の建学の精神に基づき、社会性を支える幅広い教養と豊かな人間性を身につけている。
  2. 専門教育に必要となる数学、物理学および情報に関する基礎学力を有し、国際人として社会に貢献できるための語学力を有している。
  3. 電気工学(エネルギー・制御)、電子工学(エレクトロニクス)および情報通信工学分野の各分野に対する技術革新に柔軟に対応でき、次世代を担う先導的な技術者としての能力を有している。
  4. エネルギー問題および環境問題などの社会問題に対して幅広い視野を持ち、かつ、技術倫理観を兼ね備えている。
  5. 社会における自分の役割を自覚することができ、主体的に身につけた専門知識および技術を通して、社会に貢献することができる。

アドミッション・ポリシー(入学者の受入に関する方針)

応用化学科では、化学の知識と技術を基盤として様々な分野で研究者・技術者・教育者として活躍できる人材の育成を目指しています。この実現のため、以下の基準を満たす入学者を受け入れています。

【知識・理解】
  1. 化学の知識や技術を修得するために必要な最低限の基礎学力を有する。
【思考・判断】
  1. 物事を論理的に考察できる。
【関心・意欲・態度】
  1. 化学に関心を有し、その知識と技術を身につける意欲を有する。
  2. 大学で学んだ知識や技術を様々な分野で応用するための目的意識を有する。
【技能・表現】
  1. 大学での勉学・研究を開始するために必要な言語能力を有する。

入学者の選抜にあたっては、公平であること、透明性が高いこと、学科の教育目標を実現できる優秀な入学者をもれなく選抜できることを目標としています。これらの目標の実現のために、面接による推薦入試と選抜試験による一般入試を複数の方式で行っています。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施に関する方針)

【知識・理解】
  1. 社会ニーズに対応できる基礎学力を身につけられるように、必修の基幹科目を置く。
  2. 上位学年で応用化学の専門知識を幅広く身につけ、持続可能な社会に貢献できるよう、専門科目を体系的に配置する。
【思考・判断】
  1. 化学におけるものの見方や考え方を身につけられるように、講義、演習、実験科目を置く。
【関心・意欲・態度】
  1. 化学や材料の先端分野だけでなく、環境、バイオ、食品等の学際的分野も深く学べるよう、「先端材料化学コース」、「バイオ・健康化学コース」、「環境化学コース」を設ける。
【技能・表現】
  1. 化学技術の修得のため、各学年各学期に実験科目を配置する。実験では、段取りと実践の重要性を体験させ、報告書作成を義務づける。
  2. レポート作成を指導する科目を開講し、添削や指導を通じて、文章作成力など社会人として求められるコミュニケーション能力を育成する。
  3. 論理的思考力や表現力等を磨くために、学部教育の集大成として卒業研究に取り組む。研究を通して社会人としての基礎能力を習得できるように個別指導を行う。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

下記の要件を満たすものに学位を授与します。

【知識・理解】
  1. 講義と演習を通して、化学の基礎学力と専門知識を身につけている。
【思考・判断】
  1. 卒業研究において、自身の学力・知識・技術を特定の課題へと応用できる。
  2. 特定の課題に対し、論理的な思考に基づいて取り組むことができる。
【関心・意欲・態度】
  1. 化学の知識・技術を用いて社会の様々なニーズに対応できる。
【技能・表現】
  1. 実験を通して、化学の基礎的な実験技術を身につけている。
  2. 卒業研究において、その成果を適切に発表できる。

アドミッション・ポリシー(入学者の受入に関する方針)

下記の能力を備えた受験生を各種選抜試験を通して入学させます。

  1. 入学後の修学に必要な基礎学力としての知識を有している。
    高等学校で履修する数学、理科、外国語、国語などについて、内容を理解し、高等学校卒業相当の知識を有している。
  2. 物事を多面的かつ論理的に考察することができる。
  3. 自分の考えを的確に表現し、伝えることができる。
  4. 都市構造物の設計・維持管理、環境、防災、都市経営などに関わる諸問題に深い関心を持ち、社会に積極的に貢献する意欲がある。
  5. 積極的に他者と関わり、対話を通して相互理解に努めようとする態度を有している。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施に関する方針)

時代背景や産業構造の変化とともに、土木系大学教育のコアは変化してきました。従来からの中心科目である構造力学、水理学、土質力学や計画学に加えて、環境、景観、生態系の科目と、企画、管理に関する科目も重視されてきました。本学科では、これらの変化に対応し、教授法も工夫することで、独自なカリキュラムを構築しています。

  1. 将来の進路選択に合わせた3つのコースを用意しています。水、土、廃棄物といった都市環境の基本要素を中心として環境と都市内人工物に関する知識を学ぶ「都市環境コース」、都市内の人工物の材料や、設計、メンテナンスに関する知識を学ぶ「都市創造コース」、さらに、まちづくりの要素である地域行政、地域文化、国際建設マネジメントを学ぶ「都市経営コース」です。
  2. 各コースには、実験・実習・演習科目を充実させた体験学習による基礎力とその応用力を修得できる内容が含まれ、原理を問うことと実際問題への適用の双方について学びます。
  3. 「まちづくり」「ものづくり」「ひとづくり」の視点から、地域の課題を見定め、行動する実践力を身につけることを目的とした「学科横断型教育プログラム(副専攻)」の「地域学コース」を選択することができます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

下記の能力を備えた学生に学位を授与します。

  1. 社会基盤のあり方に対する深い倫理観を持ち、建設技術を学んだ者としての責任を持った行動を取ることができる。
  2. 建設技術者としての基礎知識と工学的なセンス、マネジメント能力や計画立案能力を身に付けている。
  3. 環境、防災、経営などの建設関連分野の基礎知識や、語学、情報処理などの将来必要となる能力を身に付けている。
  4. 安全で安心、健康で快適な生活を支える健全な都市システムの実現に寄与できる。
  5. 都市システムの持続的な発展につながる自然との共生を実践的にデザインできる。
  6. 自分の考えを的確に伝えることができるとともに、周囲と協働することができる。

アドミッション・ポリシー(入学者の受入に関する方針)

建築分野は建物やまちを対象とし、社会、経済、生活、技術、芸術、環境など扱う分野は広範でありながら、様々なことがらが密接に関係しあっています。建物・まちを企画・デザイン・マネジメントするためには、それらの利用者、住民、行政、建築家、技術者、総合建設業者、専門工事業者、建材・製品製造業者、職人・技能者など多種多様な人々が多数関わっています。この「ひと」との関わりの中で、衣・食・住に直接関わる建物・まちを「ひと」のために創るというすばらしさとよろこびを共に学び、様々な立場で建物・まちをプロデュースする「ひと」を育てるのが建築学科です。
建築学科では専門科目を講義、実験実習、設計製図演習、卒業研究を通じて建築学を広範に学びます。そして、建築学科ではそこで必要となる3つの心を持った学生を求めています。

自立心:
学生自身が建築を学ぶテーマや対象を自ら「選び」、「調べる」、社会、地域と自ら「関わる」、作品を自ら「創る」、論文を自ら「書く」という自主性。
向学心:
過去・現在から学び、そして未来を思考しながら、既知の知識、技術から新たな知見、技術を求める向上性。
協調心:
学内外での活動、グループワークなどで他者の価値観、考えを尊重しながら自身の考えを主張、行動する社会性。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施に関する方針)

広範な建築学を「計画・意匠」「まちづくり」「構造・材料」「環境・設備」「生産・マネジメント」の5専門分野に体系化し、卒業関連科目(卒業研究、卒業論文、卒業設計)以外の全専門科目を一級建築士・二級建築士・木造建築士受験の指定科目として編成しています。

  1. 「計画・意匠」「まちづくり」「構造・材料」「環境・設備」「生産・マネジメント」の5専門分野を横断的につなげる設計製図演習、建築基礎科目である建築構造学、建築環境・設備学を基幹科目(必修科目)に据え、4年一貫建築教育を実施します。
  2. 時代・社会の変化、地域性、国際化、生活の多様化など建築を取り巻く諸状況に対して、幅広い視点から取り組む設計製図演習、5分野にそれぞれに配置した設計演習を実施して建築・まちの企画、デザイン、マネジメント能力を総合的に養います。
  3. 多くのフィールドワークの実践により社会規範を身につけ、他者と協調しながら課題をまとめ上げる能力を養います。
  4. 自身の研究論文、設計作品を学内外で発表する機会を多く設けることで、豊かなプレゼンテーション能力を養います。
  5. 建築専門分野の職能で必須となる一級建築士、二級建築士、木造建築士の受験資格に対応した専門科目をバランス良く配置するとともに、施工管理技士、インテリアプランナーなどの資格取得に向けた基礎専門科目を建築学科共通科目として1年次から開講します。また、卒業後の資格取得に向けたセミナー等を行います。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

  1. 建築・まちを企画、デザイン、マネジメントするために基礎となる、「計画・意匠」「まちづくり」「構造・材料」「環境・設備」「生産・マネジメント」に関する教養、技能、専門知識を習得していること。
  2. ひと、社会、地球環境に対して幅広い視点から建築・まちを捉え、自身の研究論文、建築設計作品などの成果物をまとめ上げる能力、確かなプレゼンテーション能力を身につけていること。
  3. コミュニケーション能力や倫理観を養い、社会に貢献し、多くの人のために尽くす心構えを身につけていること。