機械工学科

暮らしを支えるものづくりの理論×実践。

機能材料研究室(和田昇 教授)

ナノ構造物を用いた太陽電池・燃料電池の研究開発

現在、化石燃料の枯渇、地球温暖化、原子力発電の安全性などが問題化している。そのような中、再生可能エネルギーに多くの関心が集まっており、いかにそれを低コストで効率的に活用するかが、大きな焦点になっている。

機能材料研究室では、特に色素増感太陽電池と固体高分子燃料電池に着目し、層状ケイ酸塩の2次元空間やゼオライトのナノ細孔を利用することにより、エネルギー変換効率を上げられないか、模索的な研究を行っている。また、半導体のナノ細線やカーボンナノチューブ・グラフェンなどのナノ構造物を太陽電池や燃料電池に応用する研究も行っている。用いる材料の評価には主にx線回折、ラマン散乱法、電子顕微鏡(SEMやTEM)などを利用し、実際に太陽電池や燃料電池を試作して、電気測定回路やコンピュータとのインターフェイス等の工夫にも力を入れている。

この研究室を希望する方へ

社会に役に立つ自立した人材になるため、何にでも興味を持ち積極的に研究を進め、まじめに努力する学生諸君の入室を希望します。卒業研究はそれまでの大学での学業の総まとめであり、研究室で得るいろいろな知識や考察力は社会に出たときにおおいに役に立ちます。英文の原著論文を苦労して読んだり、実験で失敗を重ねた後の成功の喜びを味わったり、データ収集のノウハウを学び、輪講で聴講者に理解してもらえるようプレゼンテーションを行ったり、実験結果についていろいろ議論をする中で培われる、役に立つ知識・技能・能力を是非機能材料研究室に入って磨いてください。