生体医工学科

医学・工学両分野を学び、幅広い対応力を身に着けた視野の広い人材育成を目指す。

こんな資格がめざせます

  • 中学校教諭一種(数学・理科)
  • 高等学校教諭一種(数学・理科・工業)
  • 技術士
  • 第2種ME技術者

活躍できるフィールド

医療機器の発展を支えるエンジニアへ

身体のしくみと機能を知り、人の気持ちが分かる視野の広さをもとに、医療機器、福祉機器、製薬・試薬メーカー、メディカルエレクトロニクスなどの業界・業種の研究開発・設計・エンジニア、教員・公務員、大学院進学など幅広い分野で活躍できます。

  • 技術職・研究開発職
  • MR(医薬情報担当者)
  • 医療・福祉機器メーカー
  • 電機・電子機器メーカー
  • 製薬・試薬会社
  • 教員(数学・理科・工業)

身につく主な社会人基礎力

  • 働きかけ力
  • 課題発見力
  • 柔軟性

社会人基礎力とは、経済産業省が提唱する「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」をあらわす概念です。

社会貢献につながるものづくりの力

21世紀の少子高齢社会を支える「社会貢献につながるものづくり」を担う力が身につきます。人が生きるために本当に必要なものをつくり、医療・福祉の現場で活躍できる技術者を育成します。

キャリアの取り組み

ダ・ビンチ・プロジェクト、人材育成推進プロジェクト

めざましく変化している社会変化と企業変化の実情を知り適応できる人材を育成するキャリア形成プログラムを入学初年度から実施しています。生体医工学科の学びを通して科学や文化多様性の視点を持つ(=グローバル)価値ある人材を育成し輩出するプロジェクトを推進します。生体医工学科での「強み」を具体的に表現出来る新しいPBL[これまで生体医工学科が行なってきたPBL(Problem Based Learning)を進化させたProject Based Learning]によって、学生は読める力(時代を読む、状況を読む)、かける力(汗をかける、日英で文章を書ける、未来を描ける)、わかる力(常識がわかる、社会がわかる、ひとがわかる)の「3つの力」を修得します。この教育によって、自分をグローバルに表現でき、受け身から脱却し、生体医工学の専門的な学びを活かして、自分自身のためのキャリアを実現することができます。具体的には「英語による自分カルテの作成」、「ジョブクラブ」、「インターンシップ・短期留学の推奨」などを通じて自分の現状理解、目標設定を行い、自らを表現し成長させる事を理解し実践する。

産学連携支援

生体医工学科(バイオメディカルエンジニアリング)は生物「バイオ」、医学「メディカル」そして工学「エンジニアリング」を理解し、医療・福祉の現場で必要な“ものづくり”を学び医学と工学の架け橋となる人を育てる学科です。生体医工学科に所属する専任教員は様々な業種の企業と実用化を目指した共同研究=産学連携研究を展開しており、研究室所属学生は在学中に企業との共同研究にも参画できます。現在進行中の共同研究企業の職種としては、製薬、医療機器、介護機器、スポーツ用具、電気機器メーカーなど多様にわたっており、大学での基礎・基盤研究に加えて実用化、応用開発にも携わることが可能です。またこの活動を支援する首都圏産業活性化協会(TAMA産業活性化協会)とともに産学連携研究のみならずイノベーション事業に携わる人材育成、人材確保を行っています。

医療機器関連資格取得プログラム

医療機器・システムの開発、製造、販売、修理に携わる技術者や、臨床工学技士等の医療従事者に求められる医用生体工学の知識と資質の検定試験「第2種ME技術実力検定試験」の合格に必要な基礎知識習得プログラムを用意。在学中もしくは卒業後に受験し合格することで資格が得られます。解剖や生理反応などの医学的な基礎知識に加えて電気電子回路、流体力学、熱力学などの理工学的基礎知識を学び、実際的知識として人工呼吸器、血液浄化装置、体外循環装置(人工心肺)、ペースメーカー、脳波計、CT・MRIなどの医療機器の原理、構造、性能や操作などを学ぶことができます。全国の平均合格率は約30%と難関ですが、2011~2013年の3年間で7名の現役学生が合格しました。また生体医工学科で修得した科目に加えて在学中または卒業後に専門学校での所定の科目を修得することで、「臨床工学技士」の国家試験を受験することができます。臨床工学技士の資格を得ることで医療従事者として病院等で働くことができます。