生体医工学科

医学・工学両分野を学び、幅広い対応力を身に着けた視野の広い人材の育成。

医療福祉支援工学研究室(山内康司 教授)

命を支える工学技術

本研究室のテーマは、「命を支える工学技術」です。具体的には、新しい発想で診断や治療につながる機器を開発することで、医療に携わる医師や看護師などを助け、ひいては患者さんや高齢者・障害者がよりよい生活を営めるような、社会貢献につながるテーマです。

具体的には、より安全で正確な手術の実現を目指し、手術機器や訓練システムの開発、手術作業の人間工学的な評価をおこなっています。例えば、アイカメラを使って診療中の医師がどこを見ているかを分析する研究を行っていますが、その結果は、操作エラーの少ない医療機器の開発につながります。また、IT技術を用いた手術トレーニングシステムは、難しい技術を要する手術をより安全・簡単に行うことにつながります。

医療機器の開発は、ひとりではできません。現場の医師はもちろんのこと、機械工学や電気工学、知覚心理学、情報工学など、幅広い分野に関わる必要があります。したがって、他分野の人たちとコラボレーションして仕事を進める能力が求められます。そこで本研究室では、実験室に籠もるのではなく、積極的に外部の方々と交流することを特長としています。具体的には、医工学に関わる大学・研究所・企業・行政機関などに訪問し知見を深める、さらには共同研究などを進めています。

この研究室を希望する方へ

「親戚が重い病気にかかった。病気がもっと早く発見できる機械があれば…」「自分がかかった病気や怪我が、新しい治療法で治った」「介護体験を通じて、介護する人・される人の苦労を知った」生体医工学科を、そして私の研究室を志望してくる人には、こんな人たちがたくさんいます。

人間には得意不得意があります。数学、生物、スポーツ、デザイン…けれども医療機器の研究開発は、そのどの才能も活かすことができます。医療機器を通じて社会の役に立ちたい、そのような志を持つ若者を待っています。