建築学科

デザインするのは、快適で安全な建築、まち、そして生活。

都市計画・まちづくり研究室(野澤千絵 教授)

人口減少社会に向けた都市計画に関する研究

わが国は、本格的な人口減少社会が到来し、都市を成長させる時代から、都市をより成熟させていく時代に突入しました。子供が巣立った家にリフォームが必要なように、これからは、都市にもリフォームが必要です。当研究室では、望ましい都市の将来像を描いた土地利用計画に基づき、縮小する開発需要を適切に立地誘導しながら、これまで作ってきた都市をより質の高いものへとリフォームするための都市計画のあり方について研究しています。

アーバンフリンジにおける開発許可制度のあり方に関する研究

アーバンフリンジは、農地等の自然環境が豊かなエリアに新たな郊外開発による住宅地が混在した、都市と農村の狭間にあるエリアのことです。アーバンフリンジでは、農地が転用され、開発許可がなされることで、住宅地だけでなく、病院等の公共公益施設や商業施設といった都市機能の郊外移転が進んでおり、これまでつくってきた周辺の街の空洞化に影響を与えています。今後の人口減少の中で、アーバンフリンジの開発許可制度のあり方が、都市全体にとって重要な役割を担っています。当研究室では、今後の人口減少社会に向けたアーバンフリンジにおける開発許可制度のあり方について研究しています。

地区レベルのまちづくり計画に関する研究

今後、都市をより質の高いものへとリフォームしていくためには、建築を、個別敷地単位ではなく、地区単位で考える視点と実践が必要不可欠です。誰もが心安らかに、心豊かに暮らせる街の実現をめざした実現手法の一つとして、地区固有の住環境の保全・改善に対応した詳細なまちづくり計画があります。当研究室では、建築協定・地区計画・まちづくり条例に基づく地区まちづくり計画といった地区レベルのルールづくり制度のあり方やその策定プロセスにおける住民参加の充実方策について研究しています。

この研究室を希望する方へ

  • なぜ、日本は外国のような美しい街並みができていかないのか?
  • なぜ、地域の実態にそぐわない高層・高密度な建物が建つのか?
  • なぜ、人口減少が本格化しつつあるのに、相変わらず建物を造り続けているのか?
  • なぜ、これまでにつくってきた街・建物を維持・管理できなくなっているのか?
  • なぜ、農地や森林、緑地が残せないのか?
  • なぜ、防災に強い都市づくりができないのか?
  • なぜ、駅前の再開発はどこも同じように魅力がないのか?
  • なぜ、中心市街地は衰退・空洞化していくのか?

こうした疑問を持ち、建築と都市のかかわりに興味があり、その構造的な問題を解明したい!という学生は、当研究室向きでしょう。そのためには、様々な街を実際に歩き、そこに住む人々の話を聞き、どのような解決策があるのか?など、自ら主体的に悩みぬこうとする姿勢と意欲のある学生を歓迎します。