応用生物科学科

自然、いのちに学び、未来を拓く。

こんな資格がめざせます

  • 中学校教諭一種(理科)
  • 高等学校教諭一種(理科)
  • 食品衛生管理者
  • 甲種危険物取扱者
  • 公害防止管理者
  • バイオ技術者認定試験(上級・中級)
  • 技術士補
  • 環境計量士

活躍できるフィールド

バイオテクノロジーを活用できる分野へ

次世代の“モノづくり”に関する知識と実践力を生かし、食品関連、環境、エネルギー、創薬・再生医療、化粧品などの関連企業、公務員や教員、大学院進学などの道が想定されます。

  • 企業等の研究開発職
  • 理科教員
  • バイオ技術者
  • 食品メーカー
  • 環境エネルギー
  • 化粧品
  • 製薬・医療関連

身につく主な社会人基礎力

  • 実行力
  • 創造力
  • 発信力

社会人基礎力とは、経済産業省が提唱する「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」をあらわす概念です。

キャリアの取り組み

資格取得のためのサポート

応用生物科学科では、いろいろな資格取得にチャレンジする学生を応援しています。学部に設置されている教職課程では、中学校・高等学校教諭1種免許状を取得することができます。学科独自の取り組みとしては、公害防止管理者試験の受験者や技術士補などの資格取得を目指す学生を対象に、集中講義を開催してきました。2014年度は7名の学生が公害防止管理者試験、2名の学生が技術士第1次試験に合格しています。また、生命科学科と共同で体外受精などの生殖補助医療を行う胚培養士(学会認定資格)育成に向けた取り組みも行っています。その他、甲種危険物取扱者、中級・上級バイオ技術者の資格を取得するチャンスもあります。

機器講習会をはじめとする生命科学分野の技術習得支援

板倉キャンパスには質量分析機などの分析機器から電子顕微鏡・光ピンセットといった多彩な光学機器まで、最新の高度な機器がそろっています。これらの使用技術を身につけることで、卒業研究や大学院での研究、さらに就職後の実務に役立てられるよう、機器の講習会を頻繁に実施しています。現在、生命科学分野では、微量分析などの高度な技術を持った学生のニーズが高まっています。勉強会や講習会を実施するのは、そうしたニーズに応えられる学生を育成するためにほかなりません。講習会では機器の理論から使用方法まで、実際に機械に触れながら学ぶことができます。

高度な専門的知識を持つ研究者・技術者育成の取り組み

応用生物科学科では、原則として3年次後半から全員が研究室に配属されます。研究室は動物、植物、微生物、環境など多くの分野から選択、興味があるテーマを研究します。研究室で1年半にわたって研究やセミナーなどの活動を継続して行うことで、課題発見能力と問題解決能力、プレゼンテーション能力を磨きます。また、板倉キャンパスには大学院生命科学研究科が設置されており、生命科学部を卒業後、さらに高度な専門教育を受けることが可能です。平成26年度には、文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「人為由来環境変化に対する生物の適応戦略と小進化(平成26~30年度)」の採択に伴い、その研究を推進するために生命環境科学研究センターが設置されました。本センターでは、さまざまな環境変化に対する環境生物の適応戦略を総合的に研究する、先進的環境科学研究が行われています。