応用生物科学科

自然、いのちに学び、未来を拓く。

環境、健康、資源、食糧など、人類が直面する多様な問題を解決するため、動物や植物、微生物の持つはたらきを応用する方法を探ります。生命科学とその応用に関する幅広い専門知識を持ち、それを社会に還元できる実践的能力を備えた人材の育成を目指します。

応用生物科学科の学び

学問の魅力

動植物や微生物は長い進化の過程で優れた能力を得てきました。一方で、現在の地球には環境問題や医療、食糧、人口増加など問題が山積みです。生物の能力を探り、知識と技術を応用し、地球が直面する問題の解決策を模索する学問が「応用生物科学」です。

4年間の学び

微生物を利用して環境浄化・保全の方法を探る環境微生物学、品種改良や遺伝子組換え植物で食糧問題解決に取り組むバイオテクノロジー、バイオマスから再生可能なクリーンエネルギーを開発するバイオエネルギー、化学物質の生物応答を活用するバイオアッセイなどの各分野を網羅しています。1年次後半からは、将来の目標に応じて「応用動物コース」「植物資源利用コース」「微生物利用コース」「生命環境コース」の4コースが設定されています。企業との共同研究も推進し、研究開発を通じて専門性を養います。

学びの取り組み

将来の目標設定を見据えた初年次教育

1年次の必修科目として「応用生物科学序論」を配置し、応用生物科学分野に対する興味を喚起させ、コース選択や研究室選択、さらには将来の目標設定の手がかりとなる情報をわかりやすく提供しています。

カリキュラムマップを見る(PDF: 1ページ, 131KB) ※カリキュラムは改訂することがあります。

3年次後半からの研究室配属

技術開発を行うために必要となる独創的課題探求能力や主体的問題解決能力、また、協調性やプレゼンテーション能力など、卒業研究やゼミ活動を通じて修得すべき能力は多彩です。3年次後半から研究室に配属することで、指導教員だけでなく研究室の先輩との交流を通じて、これらの力を育成します。

学会発表・参加の促進

学生の学会発表や論文執筆を推奨しています。学会は他大学や研究機関などの研究者や学生と交流する場です。自身の研究を見つめ、他者の研究に触れて視野を広げるほか、研究成果を公表することでコミュニケーション力や情報発信力が向上し、就業力の育成につながります。

卒業論文のテーマ例

  • 渡良瀬川における重金属汚染環境に対する魚類ウグイの環境応答
  • 高濃度尿素・硝酸含有廃水の生物処理特性
  • 海洋生物由来の耐塩性・好塩性セルラーゼ生産菌の分離
  • エラスチンによる心筋平滑筋分化制御機構に関する研究
  • アーキア特異的tRNA修飾塩基アーキオシンの生理的意義
  • 有機溶媒耐性向上を示した大腸菌変異株の解析

生命科学部に関する詳しい情報は生命科学部WEBサイトも御覧ください。

キャリアの取り組み

カリキュラムに組み込まれたキャリア支援活動

1〜2年次は、資料収集・活用方法や、プレゼンテーション・議論の方法を学ぶほか、企業人や学部卒業生の講演を通じて就職や進学への意識づけをします。3年次はインターンシップ(実務研修)を通じて将来の進路や職業適性を考え、社会のニーズに対応する能力を身につけます。

資格取得や体験学習プログラムの実施

「生殖補助医療胚培養士」(日本哺乳動物卵子学会の認定資格)や「公害防止管理者」(国家資格)の資格取得支援や関連施設の見学を実施しています。田植えや稲刈りを体験し、米作りについて学ぶことができる「農業体験」も実施しています。その他、「技術士補」(技術士を目指すために最も近道な国家資格)や「危険物取扱者」等の資格取得に対しても対策講座を実施し、意欲のある学生を、充実したサポート体制でバックアップしています。

グローバル社会に向けた人材育成

生命科学の専門分野での語学力、および、企業や研究機関で活躍できる語学力の向上を図り、英語担当教員が指導します。また、正規科目以外にも、TOEIC スコアを基準とする英語の習熟度別授業など、板倉キャンパスには生きた英語に数多く触れる機会があります。海外での学会発表者には奨励金を支給する制度もあります。