総合情報学科

システム情報:社会基盤からスマートフォン、人工知能まで
スポーツ情報:ココロとカラダをICTで解析する
メディア文化:最先端の技術で切り開くメディアとデザイン

CG・シミュレーション(河合浩志 教授)

CG、CAD、物理シミュレーション、社会シミュレーション

コンピュータグラフィックス技術および、これと関連してシミュレーション技術を研究する。物理現象や社会現象のシミュレーションは、可視化プロセスを通してCGのコンテンツ制作に大きく役立ってきている。ここでは、CGソフトやプログラミングを通じてさまざまな物理現象、例えば構造物の変形・破壊や損傷、水や風、煙の流れ、および社会問題、例えば都市交通や経済、歴史などのテーマでシミュレーションおよびCG制作を行う。

この研究室を希望する方へ

コンピュータグラフィックス技術と、そのコンテンツ制作のために今後必要となりつつある物理・社会シミュレーション技術に興味を持っていただければと思っています。きっかけはゲーム・映画・ドラマ・アニメ・小説・政治・経済・歴史・科学、なんでもOKです。