情報連携学科

まだ見ぬ価値を形にする

ICTを基盤とする、人・システム・組織・分野を連携させる技術は、これまでにない製品やサービスの実現を可能にします。情報連携学科では、コンピュータ・サイエンス、デザイン、ビジネス、シビルシステムそれぞれの専門分野の連携と融合により、多角的な視点から新しい価値を形にするための学問を学ぶことができます。

学問の魅力

これからの時代をつくる術を学ぶ

インターネットをはじめとする情報ネットワークの進歩は、常に新しい技術や新しい価値を生み、絶え間なく時代を変化させています。この時代に求められるのは、ICTを基盤に、人・システム・組織・分野を「連携」させることができる人財です。情報連携学を通じて「連携」の本質を学ぶことは、皆さんにとって大きな強みとなります。

学び方

最先端テクノロジーを集約した未来型ユビキタスキャンパスでの実践的学び

情報連携学科ではコンピュータ・サイエンスを基礎とし、新しい技術を生み出す「理」の知恵、その技術を持続的なビジネスに繋げる「文」の知恵、サービスを人々の感性にマッチさせる「芸」の知恵を連携させる力を、最先端のテクノロジーを集約したユビキタスキャンパスにて実践的に学びます。また、大教室での講義を中心とした従来型の授業とは異なり、反転型授業などを積極的に取り入れ、小教室での討論や実習などのグループワークに重きをおくアクティブな学びを展開します。

グローバル化への対応

「連携」を支えるコミュニケーション力

連携力を養成するためには、グローバルなコミュニケーションの基礎となる「英語力」、アイデアやメッセージを伝える「プレゼンテーション力」や、討論によって本質に迫る「ディベート力」などの実践的コミュニケーション力が欠かせません。情報連携学科では、様々な国籍や専門性をもつ学生たちが学びあう環境を整備することを通じて「学生の実践的なコミュニケーション能力」を養成します。

4年間の学び

「連携」を実践する4つのコース

1年次ではコンピュータ・サイエンスを重点的に学び、コンピュータ・プログラミングおよびコミュニケーション・スキルを構築します。2年次以降では4つのコースに分かれて各自の専門性を高めます。

情報連携エンジニアリング・コース

エンジニアリングの見地から連携力を発揮し、新しい情報サービスや技術を具体化できる力をつける

情報連携デザイン・コース

デザインの面から連携力を発揮し、新しい情報サービスや製品を具体化できる力をつける

情報連携ビジネス・コース

連携によって生みだされる新たなビジネスを構築し、これをマネジメントできる力をつける

情報連携シビルシステム・コース

情報技術の連携により生まれる価値を、豊かな社会とくらしの創造に応用する力をつける

コース横断型のプロジェクト課題

実習科目では各コースの学生が連携してコース横断型のプロジェクト課題に取り組みます。国籍や専門領域の異なる仲間と実際に連携する体験を重ねて、実社会に適用する連携力を身につけます。

カリキュラム詳細を見る(PDF: 2ページ, 107KB) ※カリキュラムは改訂することがあります。