健康スポーツ学科

暮らしと健康に、スポーツのちから。

スポーツを通して健康を支え、社会に貢献する。人体の構造から福祉・健康づくりの支援にいたるまで幅広い知識を獲得、さらに実践的な学びを通じて、スポーツや健康関連分野で活躍できる能力を身につけます。年齢や障がいの有無を越えた幅広い人々の健康づくりを指導できる人財を目指します。

学問の魅力

スポーツを通じて人々の健康づくりを支援

スポーツを通じた健康支援のあり方・方法のことや社会貢献について研究し、実践する学問です。人体の構造について学ぶ解剖学、生理・生化学などの基本科目をはじめ、スポーツ医学、トレーニング実習、コーチング、スポーツマネジメント、健康に関わる政策、福祉にいたるまで、スポーツに関する広範な知識や技術を学びます。これらを習得したうえで、子どもから高齢者、障がいのある人も含めたすべての人々の健康づくりを支援します。

学び方

健康とスポーツを広く学ぶ

1年次には、健康スポーツ学概論やエアロビクス実習などの基礎科目を学び、健康スポーツ学への理解を深めます。2年次より、「スポーツサイエンスコース」「ヘルスプロモーションコース」「グローバルスポーツコース」「ユニバーサルスポーツコース」「アスリートスポーツコース」に分かれて専門性を高めていきます。

スポーツサイエンスコース
一言でスポーツサイエンスといってもその学問範囲はとても広いものです。それは、解剖学、生理学、運動生理学やバイオメカニクスなどの自然科学的分野からスポーツ史、スポーツ社会学、スポーツ文化人類学、スポーツ心理学などの人文社会科学的分野まで多義に及びます。いわば健康スポーツ学科の教育内容がひとつのスポーツサイエンスを形成しているといってもいいかもしれません。このコースでは広くスポーツに関連する科学分野の知識や技能を得ることができます。学生はその中からより強く興味の持てる領域を発見することで、3年次以降のゼミ活動へつなげることができます。
ヘルスプロモーションコース
高齢社会が進む中で、健康寿命の延伸を目的に中高年の健康づくりの重要性が増しています。また子ども達の体力低下や働く世代の生活習慣の乱れなど解決すべき健康問題は多くあります。このコースではこのような様々な年代に広がる健康問題に焦点を絞り、その解決方法やサポートのあり方を学びます。健康教育による単純な生活習慣の改善だけにとどまらず、健康のための環境や制度、組織づくり、人づくりのあり方に関しても学習します。教室から飛び出し、地域の関係者と接しながら、健康なまちづくりに関して考えることのできるコースです。
グローバルスポーツコース
グローバルな感覚はこれからのスポーツ人に必要な素養です。日本の国内に留まることなく、世界の人たちを対象としたスポーツの支援や交流を志向する学生のためのコースです。英語での授業展開はもちろんのこと、ネイティブ教員によるアクティビティの実施など、よりダイレクトに専門的な知識や情報を英語で得る機会が設定されています。留学や短期研修のプログラムも豊富に用意されており、このような経験を通じたグローバル感覚の醸成がこのコースの最大の魅力です。
ユニバーサルスポーツコース
すべての人間がより健康的に、豊かに過ごすために考えるべき健康、運動、スポーツに関わるさまざまな考え方やコンテンツについて学びます。その際、とくに「子ども」「高齢者」「障がい者」などを対象のキーワードとしながら、このような人たちが健康で活動的な生活を過ごすことができる健康スポーツのあり方に関して、グループワーク、外部からの講師による講演、地域と連携した実践活動など多様な学習スタイルを通じて学びます。
アスリートサポートコース
アスリートの競技力向上とスポーツ傷害予防のためにはスポーツ医科学などを基盤として、戦略的支援サポートや指導環境の充実といったコンディション環境の整備が必要となります。このようなコンディション環境の整備は一部のトップアスリートのみならず、あらゆる競技レベル、幅広い年齢層に対しても必要です。このコースでは競技力向上とスポーツ傷害予防を目的としたアスリートのコンディション環境の整備について、そのサポートのあり方を学びます。競技力向上に関する理論のみにとどまらず、サポート実践力を向上させるための実習や実技を多く交えた学習を多く取り入れています。

4年間の学び

一人ひとりと向き合う指導の基盤をつくる

今後のわが国の実情に合わせて、子どもから高齢者、障がい者など、幅広く人々の健康づくりを学ぶことを目的としています。実技に関しては、アスリートのための実技指導だけでなく、一般の人々の健康づくりにつながるエアロビクスやアクアビクス、そしてレクリエーションに関する科目も多く開講しています。基礎科目としての解剖学や生理・生化学にはじまり、スポーツ系の専門科目としてトレーニングやコーチングに関する実践的な知識や技能を学習することを通じて、科学的根拠に立脚した健康づくりを提供できる人財育成を目指しています。さらに、健康スポーツを、歴史学、社会学、人類学という人文社会科学的視野から学べる科目も多く開講しています。これに加え、健康管理学やスポーツマネジメント等マネージメント関連の科目を学ぶことにより、単なる身体活動の指導者としてだけでなく、広くスポーツや健康関連分野で活躍できる有能な人財の育成を目指したカリキュラムとなっています。

カリキュラムマップを見る(PDF: 1ページ, 494KB) ※カリキュラムは改訂することがあります。

卒業論文のテーマ例

  • アーチェリーの指導における筋電図・心電図・脳波の有用性
  • 高校アイスホッケー部員における体力の比較と基礎能力の関係について
  • ラット膝前十字靭帯の構造に及ぼす加重増減の影響
  • ラット擦過傷における処置法と治癒過程
  • 脳機能を活性化させる運動方法の提案
  • 太極拳の筋電図と酸素飽和度について

学びの取り組み

ドイツ体育大学等研修会

健康スポーツ学科では、平成25年度より、「国際健康スポーツ交流」の授業として、ドイツ体育大学等研修会を実施しています。世界的にも有名な体育大学である「ドイツ体育大学ケルン」では、施設見学や授業見学を行うとともに、国際局の方からカリキュラムの内容や国際交流の現状等について説明を受けます。いま日本は地域スポーツクラブの発展が模索されています多種目・多世代・多目的の性格をもつ「総合型地域スポーツクラブ」で、そのモデルはドイツにあります。その代表的なスポーツクラブである「体操・スポーツクラブ04バイヤー レバークーゼン」も訪問し、本場のクラブでの活動を学習します。そのほかにも、サッカーワールドカップドイツ大会の会場であった「ラインエネルギースタジアム」や、ドイツサッカーリーグ所属・FCケルンの練習グラウンドにも訪問しています。このようなドイツの体育・スポーツ文化を肌で感じることにより、外国へ向け意識も高めていきます。

Keep Active

人間は生きていく中で「健康」をどのように維持していくのか。健康スポーツ学科では、その方法としてスポーツに注目し、人々の健康づくりについて学んでいます。教育にあたっては、さまざまな身体活動を通して人々の生活を快適にする「人にやさしい健康づくり」を目標に、知識と実践のバランスの取れた教育を行い、子どもから高齢者、障がい者など、幅広い方々に適切な健康指導ができる人財の育成を目指しています。その一環として行っているKeep Active(朝霞市近隣に住むシニア世代を対象とした健康体力づくり講座)では、約100名という多くの学生が日頃学習したことを咀嚼(そしゃく)し、自分の力とする機会ととらえて地域の方々との活動に積極的に取り組んでいます。この取り組みをきっかけに、本学科の学生が将来、職場、地域あるいは家庭において健康の維持増進に貢献できる人財となっていくことを期待しています。

韓国研修

毎年、夏休みに韓国の高齢者施設や障がい者スポーツ施設において研修を実施しています。5泊6日にわたって、福祉施設に宿泊しながら高齢者と一緒にレクリエーション活動を行ったり、簡単なスポーツ指導等を試みたりもします。また、パラリンピック韓国代表選手の強化トレーニング施設を見学しながら障がい者スポーツを体験したり、健康スポーツ系の専攻がある大学で、現地の学生とダンスやレクリエーションをしたりするなど、様々な交流も行っています。
文化、社会制度が日本に最も近いといわれる韓国ですが、そこで目にする社会福祉の状況やパラリンピックのトレーニング方法等に関しては、日本と異なることも少なくありません。学生たちはそんな似ているようで異なる韓国の現状に触れ、その一方で、日本の状況についての思いを巡らせます。施設で高齢者と話す際には、偶発的に日本語での会話が成立することもありますが、そのような出来事も、過去の日本と韓国の関係について身をもって学ぶ機会になっています。韓国での研修が、実は日ごろ見えない日本や日本人である自分を知る貴重な機会にもなっているのです。