生活支援学科 子ども支援学専攻

ともに、未来を育てる人に。

子どもたちの成長を支え、幸せを守る「子ども支援のプロフェッショナル」に。保育と幼児教育、児童福祉のあり方を、多様な観点から学びます。現代社会の子どもに関わる問題について理解し、子どもとその家族、地域の課題解決に携わる専門知識と技術を身につけます。

学問の魅力

子どもに関わる課題を解決する

少子化が進むなかで、子どもを取り巻く環境は大きく変化しています。本専攻では、保育を中心に社会福祉の領域まで広く学び、子どもと家族、地域と行政などさまざまな問題を解決していくための幅広い専門能力を習得します。また、心のケア、子育て家族や地域への支援、子どものソーシャルワーカーとしてのあり方についても実践的に学び、高い技術を養います。

学び方

保育士資格、幼稚園教諭免許取得のための充実した科目群

保育や幼児教育、児童ソーシャルワークなど、現場で求められる専門性の高い学びで、地域社会の課題を解決できる力を身につけます。本専攻の選択科目は、保育士や幼稚園教諭養成のために保育領域、幼児教育領域の科目群を中心としています。保育実習室や音楽実習室といった充実した施設での授業や学外実習のほか、地域子育て支援プログラム「子育てサプリ」など、近隣に住む親子との交流の場を活用し、理論と実践を結びつけながら学んでいきます。

4年間の学び

他学科との連携で多彩な学びを実現

生活支援学専攻と連携して社会福祉領域の科目を教育課程に配置したことにより、社会福祉士国家試験の受験資格取得も可能となっており、地域福祉の視点を交えながら支援できる高度な専門職の養成を目指します。また、健康スポーツ学科、人間環境デザイン学科とも連携し、関連科目を履修することによって、レクリエーション、子どもの健康管理、遊具、障がい児への支援などに関する知識をもった子ども支援の専門家を養成します。

カリキュラムマップを見る(PDF: 1ページ, 417KB) ※カリキュラムは改訂することがあります。

卒業論文のテーマ例

  • 音楽による幼児の創造的な身体表現とその援助について
  • 移行対象を用いた母子関係の支援について-ぬいぐるみを通した発達と愛着関係-
  • 保育室の物的環境に関する考察-年齢別に見た特徴の抽出を通して-
  • コモンセンス・ペアレンティングを用いた地域子育て支援に関する一考察
  • 気になる子の保護者への対応-二次障害・三次障害につながる前に-
  • 子ども食堂の現状とその役割に関する研究

学びの取り組み

多様な実習教育

子ども支援学専攻では、主たる資格・免許として、保育士国家資格、幼稚園教諭免許、そして社会福祉士国家試験受験資格の取得が可能です。
それぞれの養成カリキュラムには現場配属実習があり、学生たちは講義で学んだ知識や演習で身につけた技術を、学内の実習指導担当教員と現場の実習指導担当職員からバックアップを受けながら、実際に現場で実践することになります。
大学2年次の終わりには、乳児院や児童養護施設等で行う初めての実習があり、大学3年次の保育所実習、そして幼稚園実習や社会福祉施設・機関での実習へと、学生たちは実習経験を蓄積していきます。
本専攻で重視しているのは、ただ実習に行っただけで終わりにするのではなく、実習でそれなりに達成できたことや失敗してしまったことを自己評価し、次の実習への課題として繋げていくことです。
この積み重ねの中で、学生たちは憧れの職業に就くまでのステップを踏み、成長していくのです。

「子育てサプリ」の取り組み

「子育てサプリ」は、授業科目「子育て支援実践」履修学生とボランティア学生、教員、そして地域の子育て支援従事者の方々と作り上げる、地域子育て支援のプログラムです。
保護者の方と子どもたち、そして学生たちが親睦を深める「はじまりの会」からスタートし、その後、保護者用プログラムと遊び中心の子ども用プログラムに分かれます。保護者用のプログラムは「子育てに関する講演」「救急処置法勉強会」「エアロビクス」などバラエティに富んだ内容となっています。また「話しませんか?子育てのこと」という子育てサロンを開催し、子育てに関する疑問や悩みを参加者同士で共有する機会を作っています。
今、保育の現場では、園に通ってくる子どもの保護者に対する支援とともに、地域の親子に対する支援が求められています。「子どもと関わるのは楽しい」と子育て未経験者は思いがちですが、24時間子どもと接する保護者にとっては楽しいことだけでなく、辛いことや、悩むことも出てきます。「子育てサプリ」を開催することによって、学生は子どもたちと接し、保護者の想いや悩みに触れ、「子育て支援」の重要性を学びます。そして将来の仕事への第一歩を踏み出すのです。

人形劇の上演を通した交流活動

子ども支援学専攻高橋健介ゼミでは、親子や仲間と一緒に面白さを味わい、豊かな感性や想像力が養われるようにと、人形劇の上演活動をおこなっています。特に、東日本大震災以降は、被災地の認定こども園等へ出向き、楽しい人形劇を通して多くの子ども達と交流できればと取り組んでいます。

2016年は、3月に福島県郡山市、田村市、矢吹町の認定こども園や児童館、7月には長野県飯島町の保育所にて、人形劇「くまくまパン」(原作:西村敏雄)を上演しました。また、11月には朝霞キャンパスの学園祭にて、人形劇「どろぼうがっこう」(原作:かこさとし)を上演しました。この年は、計15回の上演で約1500人の子ども、保護者、保育者の方々にご鑑賞いただきました。

子ども達は、学生達の手づくり人形によってくり広げられる物語に、笑いあったり、ハラハラドキドキしたり、そして人形達のがんばりに共感しながらその世界を楽しんでいました。人形劇の後には、毎回人形に触れる機会もあり、声をあげてうれしそうに人形達と握手するなど、子ども達の笑顔があふれています。学生達にとっても、子ども達が喜ぶ姿に達成感を感じるとともに、実際に子どもや大人の前でその反応に合わせて演じることによって、実践力を育んでいます。